米グーグルは22年初頭の予定だったWebブラウザー「Chrome」のサード・パーティー・クッキー廃止を23年後半までに延期すると発表した。それでも利用者のプライバシー保護を強化する流れはもはや止まらない。米アップルや米フェイスブックといった大手を中心に、ユーザーIDというリーチ手段を持つプラットフォーマーの影響力がこれまで以上に増すことは間違いない。クッキー経済圏からID経済圏へ――。この変化にどう準備を進めていくべきか。先進企業やネット広告関連各社の取り組みを紹介する。(記事の末尾からパワーポイントファイルのダウンロードが可能です)

(元の記事は → こちら

スライドの内容(全17ページ)

パワポまとめ「脱クッキー時代の広告大変革」(画像)

●クッキー経済圏からID経済圏へ 脱クッキー時代の広告大変革

パワポまとめ「脱クッキー時代の広告大変革」(画像)
パワポまとめ「脱クッキー時代の広告大変革」(画像)

●アップルは広告の“抜け穴”を許さない 許諾率はわずか1~2割

パワポまとめ「脱クッキー時代の広告大変革」(画像)

●最新「クッキー対策」用語集 リタゲからFLoCまで基本から分かる

パワポまとめ「脱クッキー時代の広告大変革」(画像)
パワポまとめ「脱クッキー時代の広告大変革」(画像)
パワポまとめ「脱クッキー時代の広告大変革」(画像)
パワポまとめ「脱クッキー時代の広告大変革」(画像)

●ID経済圏に意外な企業が名乗り ツルハドラッグが広告事業参入

パワポまとめ「脱クッキー時代の広告大変革」(画像)

●アップル“鬼”のデジマ排除 ついにメールもプライバシー対策

パワポまとめ「脱クッキー時代の広告大変革」(画像)

●「広告もアマゾン」の時代到来? アサヒ飲料のブランディング策

パワポまとめ「脱クッキー時代の広告大変革」(画像)

●Facebook広告は今後も効く? 新手法の導入で獲得数16%増も

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
3
この記事をいいね!する