外出自粛、三密回避、テレワーク……コロナ禍によって、多くの人が生活様式や働き方の大きな変更を余儀なくされた。そんな中、コロナ下の消費者行動やマインドの変化のうち、アフターコロナ時代に元に戻るものとそのまま定着するものは何か。その差はどこにあるのか。さまざまな調査や有識者の知見から分析していく。(記事の末尾からパワーポイントファイルのダウンロードが可能です)

(元の記事は → こちら

スライドの内容(全7ページ)

●メルカリに幸せ見いだす60代 コロナ禍でシニアが“デジタル化”