1958年の創業以来、日本のお洒落キャンプの礎を築いてきたスノーピーク。キャンパー目線のモノ作りは多くのヒット商品を生み、熱狂的ファンから支持を集めている。2020年には長女の山井梨沙氏に3代目社長のバトンを渡し、会長となった山井太氏は単身渡米し新市場開拓へと軸足を移す。コロナ禍にもかかわらず20年は過去最高の業績を達成。日本のキャンプシーンをけん引するスノーピークはなぜ成功し続けられるのか。会長と社長がその秘密を明かす。(記事の末尾からパワーポイントファイルのダウンロードが可能です)

(元の記事は → こちら

スライドの内容(全7ページ)

パワポまとめ「トップ激白 スノーピークのヒット考」(画像)

●「市場調査は意味がない」 スノーピーク会長、モノ作りの核心

パワポまとめ「トップ激白 スノーピークのヒット考」(画像)

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。