ネットスーパーは長らく「儲からない」サービスと言われてきた。だが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて需要が急増し、新たな局面を迎えている。イオンやセブン&アイ・ホールディングスなど大手小売りはネットスーパー、ネットコンビニへの取り組みを小売りDX(デジタルトランスフォーメーション)の“本丸”として強化、スタートアップとの協業も進む。生活者とのラストワンマイルをつなぐ各社のDX戦略をひもとき、成功のポイントを探る。(記事の末尾からパワーポイントファイルのダウンロードが可能です)

(元の記事は → こちら

スライドの内容(全7ページ)

パワポまとめ「小売りDX ネットスーパー新時代」(画像)

●ウォルマートに先行 驚異の地方ネットスーパー5つの成功条件

パワポまとめ「小売りDX ネットスーパー新時代」(画像)

●イオン、ヨーカ堂が組んだIT企業 「レシピから注文」の破壊力

パワポまとめ「小売りDX ネットスーパー新時代」(画像)

●楽天、アマゾンとネットスーパーが協業 金鉱脈発掘に競争激化

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
3
この記事をいいね!する