プライバシー保護の観点から、米グーグルがブラウザー「Chrome」で「サード・パーティー・クッキー」を2年以内に段階的に規制すると表明してから約1年。こうしたクッキー規制に対し、アドテク企業や広告主はどのように対応しようとしているのか。最新動向をパワポ形式でまとめた。(記事の末尾からパワーポイントファイルのダウンロードが可能です)

(元の記事は → こちら

スライドの内容(全12ページ)

パワポまとめ「脱クッキー本格化 広告業界に起こる大変動」(画像)

●Googleが脱クッキー本格化 猶予は1年、広告業界に起こる大変動

パワポまとめ「脱クッキー本格化 広告業界に起こる大変動」(画像)

●Google本社の責任者が告白 クッキー代替技術「FLoC」開発の裏側

パワポまとめ「脱クッキー本格化 広告業界に起こる大変動」(画像)

●グーグルが個人追跡型広告と決別宣言 オラクルが反発を表明

パワポまとめ「脱クッキー本格化 広告業界に起こる大変動」(画像)

●リタゲ広告に壊滅危機 広告会社が生き残りかける3つの方向性

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
6
この記事をいいね!する