世界的な人口爆発、環境負荷の増大、超高齢化を踏まえた健康意識の高まりなど、多くの社会変化が食卓の姿を変えようとしている。象徴的なのが、これまで主なたんぱく源だった食肉に代わって台頭し始めた植物性代替肉だ。日本でも食品メーカー、小売り、外食と参入プレーヤーが増え、本格普及の兆しがある。その他、世界で開発が進む培養肉、食用コオロギなどを活用する昆虫食、はたまた植物性の代替マグロまで、日経クロストレンドと日経MJが総力を挙げて「次世代ミート」の可能性に迫る。(記事の末尾からパワーポイントファイルのダウンロードが可能です)

(元の記事は → こちら

スライドの内容(全14ページ)

パワポまとめ「肉のフードテック最新プレーヤーマップ」(画像)

●肉のフードテック最新プレーヤーマップ公開 新市場を獲るのは?

パワポまとめ「肉のフードテック最新プレーヤーマップ」(画像)
パワポまとめ「肉のフードテック最新プレーヤーマップ」(画像)
パワポまとめ「肉のフードテック最新プレーヤーマップ」(画像)

●味の素が乗り出す植物肉の「おいしさ革命」 普及の起爆剤に

パワポまとめ「肉のフードテック最新プレーヤーマップ」(画像)
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>