新型コロナウイルス感染症拡大による消費者の価値観、行動の変化は大きい。その変化は当然、商品企画からブランディングにも影響を与えるはずだ。コロナ時代におけるブランディングに不可欠な考え方とは……。いち早くそれを捉えて新たなアプローチを開始したり、リブランディングを始めたりするなど、対応する企業の動きを追う。(記事の末尾からパワーポイントファイルのダウンロードが可能です)

(元の記事は → こちら

スライドの内容(全6ページ)

パワポまとめ「コロナ禍に勝つ ブランディング事例5選」(画像)

●キリン「午後の紅茶」ブランディング戦略の全貌 好意度が急上昇

パワポまとめ「コロナ禍に勝つ ブランディング事例5選」(画像)

●JR東海「ずらし旅」が絶好調 コロナ禍のリブランディング術

パワポまとめ「コロナ禍に勝つ ブランディング事例5選」(画像)

●サブスクで3万人獲得 日比谷花壇の成功要因は実店舗にあり

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する