リモートワークでリアルな雑談が減り、ひらめきが生まれなくなった、あるいはリアルな買い物がしづらくなり、ますます衝動買いをしてもらえなくなった――。新型コロナでオンライン化が進んだことで、生じた人と人、人と物の「距離」をどう縮めるか? 偶然の幸運な出会い(出合い)を表す「セレンディピティー」が再び注目されている。先進企業の取り組みに学ぶ。(記事の末尾からパワーポイントファイルのダウンロードが可能です)

(元の記事は → こちら

スライドの内容(全6ページ)

パワポまとめ「オンラインでセレンディピティーはどうつくる?」(画像)

●「ひらめき」の作り方 コロナで消えた2つのセレンディピティー

パワポまとめ「オンラインでセレンディピティーはどうつくる?」(画像)

●カヤック流ブレスト術 「リモートでも無限にアイデアを生む」方法

パワポまとめ「オンラインでセレンディピティーはどうつくる?」(画像)

●オフィス強制閉鎖でも共創が加速 Slackの「雑談を生む」仕掛け

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する