新型コロナウイルス感染症の拡大による緊急事態宣言で営業時間が制約され、苦境に陥る外食産業。その逆境をバネに、新たな商品開発、業態開発、オペレーション改革に踏み切り、利益率の向上や売り上げのV字回復を達成する企業も出ている。彼らはいかに危機を乗り越えようとしているのか、7つの事例記事から学ぶ。(記事の末尾からパワーポイントファイルのダウンロードが可能です)

スライドの内容(全10ページ)

●100食限定「佰食屋」はコロナにどう挑み、店を変革させたのか

●「豚組」創業者のトレタ中村社長が提言 「外食にこそDXは必要」

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。