新型コロナウイルス感染症の拡大と共に、自宅で過ごす時間が格段に増えてきた。テレワークが拡大し、オフィスと自宅の境界が崩れつつある。このような状況は文具業界にも大きな影響を与え、意外な商品が次々とヒットしている。人気の文具を取材し、withコロナ時代における市場開拓の新たなポイントを探った。(記事の末尾からパワーポイントファイルのダウンロードが可能です)

(元の記事は → こちら

スライドの内容(全14ページ)

パワポまとめ「人気文具に学ぶヒットのつくり方」(画像)

●三菱鉛筆「エモット」は情緒的価値でヒット 生産能力2倍に増強

パワポまとめ「人気文具に学ぶヒットのつくり方」(画像)

●数原滋彦社長のデザイン戦略 なぜ三菱鉛筆の文具は売れるのか

パワポまとめ「人気文具に学ぶヒットのつくり方」(画像)

●キングジムの電子付箋 販売計画の2倍速で売れた理由

パワポまとめ「人気文具に学ぶヒットのつくり方」(画像)

●テレワークで売り上げ2.5倍、オフィス用品を収納できるグッズ

パワポまとめ「人気文具に学ぶヒットのつくり方」(画像)

●コクヨIoT文具「しゅくだいやる気ペン」が高額でも売れる理由

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>