「姿」が見えないのに、なぜか近い存在。今、ラジオを聴く人が増えている。家庭から姿を消したラジオはスマホの中に。教室から姿を消した熱く語り合うハガキ職人たちはSNSの中に。ラジオ文化は形を変えて進化。さらに音だけの「オールドメディア」から脱し、広告媒体としても変貌を遂げたラジオビジネスの最前線はマーケター必見だ。さあ、“聴取率1%の熱狂”を語ろう。(記事の末尾からパワーポイントファイルのダウンロードが可能です)

(元の記事は → こちら

スライドの内容(全17ページ)

●radiko会員は1000万人目前 今、企業がラジオに注目すべき理由

●伊集院光が「今更ラジオ? 今こそラジオの時代」と言い切る理由

●ライムスター宇多丸の言葉力 ラジオにしかできない映画批評とは

●ジャパネットの原点“ジャパラジ”、音だけでモノを売る極意

●新たな“鉱脈”を発掘間近!? ラジオ局の稼ぎ方次の一手

●ラジオドラマ「安部礼司」奇跡のファンマーケ リスナー180万人を虜に

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。