ネット上の消費者行動をデータで分析する試みは既に多く見られます。リアルな状況でもデータを収集・分析し、人々の動きをいちはやく予測できれば、企業は将来、大きな収益が見込めます。そこで、位置情報や購買履歴、カメラやセンサーなどからのデータといった、リアルに活動する人々の動きをデータで分析し、人々の動きを予測し、提供する商品やサービスを“最適化”するような取り組みを、紹介していきます。(記事の末尾からパワーポイントファイルのダウンロードが可能です)

(元の記事は → こちら

スライドの内容(全7ページ)

パワポまとめ「予測AI・データ活用最前線」(画像)

●驚異のAIスーパー、千葉に登場 唐揚げにハイボールをリコメンド

パワポまとめ「予測AI・データ活用最前線」(画像)
パワポまとめ「予測AI・データ活用最前線」(画像)

●コニカミノルタ、データビズに本腰 最適なオフィス立地も提案

パワポまとめ「予測AI・データ活用最前線」(画像)
パワポまとめ「予測AI・データ活用最前線」(画像)

●混雑データが変える人流 街の「密」を丸ごと可視化

パワポまとめ「予測AI・データ活用最前線」(画像)
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>