2020年4月から「新視聴率」の提供がスタートし、従来の東名阪だけでなく、全国で個人視聴率およびタイムシフト視聴の分析が可能に。加えて、テレビCMの効果を見える化するサービスも登場し、テレビCMがデジタル広告に近づいている。それによってテレビCMはどう変わるのか? テレビCMの今とこれからを追う。(記事の末尾からパワーポイントファイルのダウンロードが可能です)

(元の記事は → こちら

スライドの内容(全11ページ)

パワポまとめ「テレビCMの未来」(画像)

●ラクスルが狙う「テレビCM革命」 EC感覚でCM枠を購入可能に

パワポまとめ「テレビCMの未来」(画像)

●CM121種を天気で出し分けるウェザーニューズ 仕組み外販も

パワポまとめ「テレビCMの未来」(画像)

●CMクリエイター篠原誠氏 効果見える化で“打率”アップに期待

パワポまとめ「テレビCMの未来」(画像)

●売上3.2倍のコアラマットレス CM効果分析でつかんだ早朝ニーズ

パワポまとめ「テレビCMの未来」(画像)

●テレビCMがオウンドメディアに 「トヨタイムズ」制作の舞台裏

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>