新型コロナウイルスの世界的感染拡大を機に、イベントのあり方が大きく様変わりしつつある。消費者と直に触れ合い、自社商品やブランドをアピールする場であったイベントを、従来と同じ形で開催するのは難しい。では、withコロナ時代にふさわしいイベントとはどのようなものか。試行錯誤をしつつ新たなスタイルを模索している先進企業の取り組みから、イベントの今とこれからを読み解く。(記事の末尾からパワーポイントファイルのダウンロードが可能です)

(元の記事は → こちら

スライドの内容(全8ページ)

パワポまとめ「稼ぐオンラインイベントの作り方」(画像)

●オンライン転換、成功の鍵は「拡散力」にあり

パワポまとめ「稼ぐオンラインイベントの作り方」(画像)
パワポまとめ「稼ぐオンラインイベントの作り方」(画像)

●コア客動員で中には劇場10倍の集客も

パワポまとめ「稼ぐオンラインイベントの作り方」(画像)

●「1億円以上の大規模ブースも大幅コスト減」~CEATEC実施協議会の鹿野清氏に聞いた~

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>