新型コロナウイルスとの共生を前提にしたとき、リアル店舗のオペレーション、接客、オンラインとリアルの使い分けなど、あらゆる戦略が変わってくる。外食業界では、業態の在り方そのものの見直しが進んでいる。ロボットの活用も本格化するだろう。建築設計すらも変わってくる可能性がある。リアルの店舗を中心に事業展開してきた企業にとって、今後どんな施策が必要か、どこまで可能か。withコロナ時代のリアル店舗の在り方を考える。(記事の末尾からパワーポイントファイルのダウンロードが可能です)

(元の記事は → こちら

スライドの内容(全9ページ)

●三越伊勢丹 Zoom接客でランドセル成約5割、見えた「売れる商材」

●レストランがクラウド化 無店舗飲食店「クラウドキッチン」

●日本流「ロボット接客」最前線

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。