「サブスク元年」となった2019年は、雨後の竹の子のごとく様々なサブスクリプション型サービスが登場し、世の中を騒がせた。ただ消費者の“財布”は有限であり、何でも契約できるわけではない。2020年は、本当に契約する価値があるかどうか各サービスに対して厳しいジャッジが下される1年になりそうだ。では、消費者の心に刺さり使い続けてもらえる条件とは一体何なのか。サブスク激戦時代をサバイバルする可能性が高いサービスを取り上げ、それぞれが選ばれる理由を“採点”する。(記事の末尾からパワーポイントファイルのダウンロードが可能です)

(特集記事はこちら → 心に刺さる「サブスク」の通信簿

スライドの内容(全7ページ)

パワポまとめ「心に刺さるサブスクの通信簿」(画像)

●ホンダの「Honda Monthly Owner(ホンダ マンスリー オーナー)」

パワポまとめ「心に刺さるサブスクの通信簿」(画像)

●UCC上島珈琲の「My COFFEE お届け便」

パワポまとめ「心に刺さるサブスクの通信簿」(画像)

●ANAが展開する航空便のサブスク

パワポまとめ「心に刺さるサブスクの通信簿」(画像)

●NextRのワイシャツサブスク「ワイクリン」

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>