AI分野の有力な国際学会である「NeurIPS」が2019年12月8日から1週間にわたりカナダで開催された。全世界の大学や研究機関、企業などから論文が投稿され、約15%のみが採択される狭き門だ。全体の約1割を米グーグルとその傘下企業が占める一方で、日本の企業や団体の存在感も着実に高まっている。AI研究の最前線で何が起こっているのか。パワポ形式で動向をまとめた。(記事の末尾からパワーポイントファイルのダウンロードが可能です)

スライドの内容

パワポまとめ「世界最高峰のAI学会 “NeurIPS”とは」(画像)

●深層学習や機械学習の有力学会「Neural Information Processing Systems(NeurIPS)」

パワポまとめ「世界最高峰のAI学会 “NeurIPS”とは」(画像)

●NeurIPSの論文に見る注目分野

パワポまとめ「世界最高峰のAI学会 “NeurIPS”とは」(画像)

●NeurIPSの論文数に見る企業のAI開発力

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>