ゲームで対戦する競技「eスポーツ」はもはや世界的にポピュラーなコンテンツ。日本でもその人気は上昇中で、2022年には約100億円の規模に達すると見込まれる成長市場だ。特に10~20代のテレビを見ない若者たちの関心を引くには、CMよりも効果的なメディアになりつつあり、幅広い企業・ブランドがeスポーツ大会やチームに協賛を始めている。加熱するeスポーツマーケティングの「今」をパワポ形式でまとめた。(記事の末尾からパワーポイントファイルのダウンロードが可能です)

スライドの内容

パワポまとめ「5分で分かるeスポーツマーケティング」(画像)

eスポーツとは
 ・eスポーツ=ビデオゲームで対戦する協議

パワポまとめ「5分で分かるeスポーツマーケティング」(画像)

eスポーツは「急成長中の新市場」
 ・世界のeスポーツ市場は2019年が約1210億円(前年比26.7%増)、22年は2000億円の見込み。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

【新刊予約受付中】
専門レポート『マーケティングDX最新戦略』

顧客に適時に適切な方法で売り込み、顧客に寄り添ってカスタマーサクセスを実現するにはどうすべきか。マーケティング×DXの戦略立案、実行に必要な打ち手がここに。
日経クロストレンド編集部、日経BPシリコンバレー支局、20人以上の専門家が執筆。600ページ以上に、国内100社、海外50社、1234のマーケテックソリューション一覧、打ち手を見つけられるマーケティングDXマップなどを掲載。
日経BPのマーケティングDX最新戦略サイトへ