アマゾン・ドット・コムやマイクロソフトが本社を構え、AI活用のスタートアップが続々と誕生する米シアトルとその周辺エリア。ここにシリコンバレーや中国のテクノロジー大手の多くが研究開発拠点を構えている。シリコンバレーの次と言われるシアトルで何が起きているのか。米西海岸でどんな地殻変動が起きているのか。AIエコシステムはどのように成り立っているのか。最先端事情をパワポ形式でまとめた。(記事の末尾からパワーポイントファイルのダウンロードが可能です)

スライドの内容

パワポで分かる「AI都市シアトル、米テクノロジー最前線」(画像)

シアトルに集中する、肥沃なAIエンジニアリソース
 ・シアトルに世界的な大企業の本社が集中、AI分野で強みを持つ大企業とスタートアップが隆盛
 ・シアトルに注目する理由

パワポで分かる「AI都市シアトル、米テクノロジー最前線」(画像)

シアトルのAIエコシステムとは
 ・シアトルのテック大手を中心として、ヒト・サービス・カネ、データが 循環する仕組みができている
 ・米中のテックジャイアントが集中

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

【新刊予約受付中】
専門レポート『マーケティングDX最新戦略』

顧客に適時に適切な方法で売り込み、顧客に寄り添ってカスタマーサクセスを実現するにはどうすべきか。マーケティング×DXの戦略立案、実行に必要な打ち手がここに。
日経クロストレンド編集部、日経BPシリコンバレー支局、20人以上の専門家が執筆。600ページ以上に、国内100社、海外50社、1234のマーケテックソリューション一覧、打ち手を見つけられるマーケティングDXマップなどを掲載。
日経BPのマーケティングDX最新戦略サイトへ