“ステルスゲーム”「METALGEAR(メタルギア)」で一躍ヒットメーカーとなり、世界中に熱狂的ファンを抱える小島秀夫氏。2019年11月8日、独立後初作品「デス・ストランディング」を公開する。2020年のヒットをつくる人の第4回は、小島氏に、独立した思いと、ゲーム作りの秘訣を聞いた。

小島秀夫氏。コジマプロダクション代表。ゲームクリエーター。1963年東京都生まれ。86年コナミ入社。98年にプレイステーション向けのゲーム「メタルギアソリッド」を開発して大ヒット。ステルスゲームと呼ばれるジャンルを切り開き、世界中で熱狂的なファンを生む
小島秀夫氏。コジマプロダクション代表。ゲームクリエーター。1963年東京都生まれ。86年コナミ入社。98年にプレイステーション向けのゲーム「メタルギアソリッド」を開発して大ヒット。ステルスゲームと呼ばれるジャンルを切り開き、世界中で熱狂的なファンを生む

 15年12月、ゲーム業界に激震が走った。大ヒットゲームシリーズ「メタルギア」を生み出したゲームクリエイターの小島氏がコナミを退社し、独立スタジオを設立すると宣言。ソニー・コンピュータエンタテインメント/SCE(現ソニー・インタラクティブエンタテインメント/SIE)との新ゲームの契約締結も合わせて発表され、世界中に“潜伏”するコジマファンは熱狂した。

 4年弱の時を経て、その新作ゲーム「DEATH STRANDING(デス・ストランディング)」が19年11月8日、世に出る。世界を自在に歩き回れるオープンワールド形式のゲームで、主人公である運び屋サムになって分断された米国を旅し、指定の場所に物資を輸送。そして、荷物を届けた先で「カイラル通信」と呼ばれる通信網を接続し、人や都市をつなげていく。従来のようにただ戦うのではなく、つながりを取り戻すことがメインの全く新しいジャンルのゲームだ。まさに世界待望の、多くのファンの待ちに待った時が迫っている。

2019年11月8日発売予定のPS4向けソフト「DEATH STRANDING(デス・ストランディング)」。©Sony Interactive Entertainment Inc. Created and developed by KOJIMA PRODUCTIONS.
2019年11月8日発売予定のPS4向けソフト「DEATH STRANDING(デス・ストランディング)」。©Sony Interactive Entertainment Inc. Created and developed by KOJIMA PRODUCTIONS.
人々や都市が分断されている米国が舞台。主人公のサムとなって分断された地域に物資を届け、「カイラル通信」で接続。再び世界をつなげるのが目的だ。©Sony Interactive Entertainment Inc. Created and developed by KOJIMA PRODUCTIONS.
人々や都市が分断されている米国が舞台。主人公のサムとなって分断された地域に物資を届け、「カイラル通信」で接続。再び世界をつなげるのが目的だ。©Sony Interactive Entertainment Inc. Created and developed by KOJIMA PRODUCTIONS.

 「コナミを辞めたときは52歳。限られた残りの時間、とにかく好きなことをしたかった」。小島氏はその一心で飛び出すが、現実は「事務所もない、スタッフもいない、信用も金もない、まさに何もない状態だった」という。大型ハイエンドゲームの業界は、大資本を背景に力を持つ大手メーカーの独壇場。「個人や独立系のプロダクションは小規模なインディーズゲームが主戦場で、過去に成功した者はいない。個人では到底できっこないという声ばかりだった」(小島氏)。だが、それでも小島氏は険しい道を選ぶ。「ファンが僕に求めているのは、インディーズゲームではない」という思いからだ。

 「僕がゲーム業界に入った30年ほど前とは違って、大作と呼ばれるゲームは分業が基本で、全体像を把握している人はあまりいない。外注すると時間がかかるうえ、ゲームエンジンとムービーや音楽がちぐはぐになっている場合すらある。僕は自分で全部をやりたい。だからこそ、最新のテクノロジーを駆使し、僕の意思が直接伝えられる小規模なチームを作る必要があった」(小島氏)。そこで独立し、一人一人スタッフを集めた。

 近頃のゲームの在り方に疑問を感じていたことも、独立を推し進めた理由だ。「テクノロジーは急速に進化しているのに、ゲーム自体はあまり変わっていない」と小島氏は言う。「家庭用ゲーム機は当初8ビットからスタートし、今や映画並みのクオリティーを持つ。さらに、オンラインで遠く離れた人とも共闘もしくは対戦できるのは、驚くべき進化だ。だが、結局は銃で撃ち合ったり、剣で倒したりといったことが主軸になっていることは変わらない」(小島氏)。そこで、全く新しいゲーム性を持った作品を作ろうと考えた。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>