2020年のヒットメーカーに直撃する本特集。第1回は2019年4月に発売した「カップヌードル 味噌」が計画を大幅に上回る売れ行きで一時販売休止となるなど(8月に販売再開)、ヒットを生み出し続けている日清食品の安藤徳隆社長だ。安藤社長はトレンドをどのように捉えているのか。

日清食品の安藤徳隆社長。1977年生まれ。2007年に日清食品に入社し、経営企画部部長や日清食品ホールディングスCMO(グループマーケティング責任者)、CSO(グループ経営戦略責任者)などを歴任し、15年4月から現職
日清食品の安藤徳隆社長。1977年生まれ。2007年に日清食品に入社し、経営企画部部長や日清食品ホールディングスCMO(グループマーケティング責任者)、CSO(グループ経営戦略責任者)などを歴任し、15年4月から現職

 「味噌が売れた第1の理由はロゴを『漢字』にしたから」

 「なぜカップヌードル 味噌がヒットしたのか」というこちらの質問に対し、安藤社長の第一声は衝撃的だった。しかし、冗談ではないという。「もともとカップヌードルはフォークで食べるイメージで統一するなど、洋風の世界観でやってきた。だから、これまでに発売した味噌味の商品は表記を『MISO』にしていた」(安藤社長)。

2019年4月に発売し、計画を大幅に上回る売れ行きで一時販売休止となった「カップヌードル 味噌」。8月に販売再開
2019年4月に発売し、計画を大幅に上回る売れ行きで一時販売休止となった「カップヌードル 味噌」。8月に販売再開