2020年のヒットをつくる人
全10回
2019年に活躍したヒットメーカーや新市場の創造に挑むイノベーターは、平成から令和に変わった時代の潮流をどう読んでいるのか。どんな一手で、ビジネスチャンスや潜在ニーズを捉えようとしているのか──。自身が成功を収めた事例や最新の取り組みから、2020年代のヒットづくりの要諦を探る。
  • 「カップヌードル 味噌」大ヒットの戦略 日清安藤社長が明かす
    第1回
    2019.09.24
    「カップヌードル 味噌」大ヒットの戦略 日清安藤社長が明かす
    2020年のヒットメーカーに直撃する本特集。第1回は2019年4月に発売した「カップヌードル 味噌」が計画を大幅に上回る売れ行きで一時販売休止となるなど(8月に販売再開)、ヒットを生み出し続けている日清食品の安藤徳隆社長だ。安藤社長は世の中のトレンドをどのように捉えているのか。
  • 日清「ラーメン店」開業へ 安藤社長「会社ごとぶっ潰すような挑戦」
    第2回
    2019.09.25
    日清「ラーメン店」開業へ 安藤社長「会社ごとぶっ潰すような挑戦」
    日清食品が2020年度に食のイノベーションをテーマにした「ラーメン店」に乗り出す。安藤徳隆社長は、19年10月に設立する予定の社内組織「Nissin Innovation Lab.」(仮称)による新事業の一環として取り組むと言う。
  • 吉野家をV字回復させた敏腕マーケター 伊東常務のヒットの法則
    第3回
    2019.09.26
    吉野家をV字回復させた敏腕マーケター 伊東常務のヒットの法則
    2019年3月に発売した「牛丼 超特盛」、5月に発売した「ライザップ牛サラダ」などヒット商品を連発する吉野家。同社の持ち株会社、吉野家ホールディングスは19年2月期の赤字決算から業績が急回復している。このV字回復をマーケターとして支えるのが、P&G出身の伊東正明常務だ。成功の方程式を聞いた。
  • 小島秀夫氏が挑む 新型ゲーム「デス・ストランディング」の勝算
    第4回
    2019.10.17
    小島秀夫氏が挑む 新型ゲーム「デス・ストランディング」の勝算
    “ステルスゲーム”「METALGEAR(メタルギア)」で一躍ヒットメーカーとなり、世界中に熱狂的ファンを抱える小島秀夫氏。2019年11月8日、独立後初作品「デス・ストランディング」を公開する。2020年のヒットをつくる人の第4回は、小島氏に、独立した思いと、ゲーム作りの秘訣を聞いた。
  • 飲食予約サービス首位のトレタ ヒットの鍵は素人発想とデータ
    第5回
    2019.10.18
    飲食予約サービス首位のトレタ ヒットの鍵は素人発想とデータ
    1万7000店の飲食店が利用するデジタル予約台帳サービスを提供するトレタ(東京・品川)。全国にある繁盛店の予約データの他、メニューのPOSデータを蓄積。これを活用して外食のトレンドを分析できるのが強みだ。2020年に外食から新しいヒットは生まれるのか。同社の中村仁社長に展望を聞いた。
  • 傘シェアを東京沿線に展開 若き起業家が「アイカサ」で描く未来
    第6回
    2019.10.21
    傘シェアを東京沿線に展開 若き起業家が「アイカサ」で描く未来
    東日本旅客鉄道(JR東日本)、西武鉄道などの電鉄各社、福岡市、東京都渋谷区、早稲田大学……。2018年12月のサービス開始からまだ1年にも満たないが、名だたる大企業や公共機関が続々と導入しているのが、傘のシェアリングサービス「アイカサ」だ。同サービスを立ち上げた24歳の若き起業家に、傘シェアリングで社会をどう変えたいのか、その未来像を聞いた。
  • 『全裸監督』を世界へ ニッチな題材でヒット狙うディレクター
    第7回
    2019.10.25
    『全裸監督』を世界へ ニッチな題材でヒット狙うディレクター
    インターネット映像配信サービス「ネットフリックス」が日本でのオリジナル作品の制作を強化している。2019年8月に配信が始まった『全裸監督』はアダルト業界を真正面から描き、日本のみならずアジア各国でも視聴ランキング上位に食い込んだ。制作を統括した坂本和隆氏は、「これからも語られてこなかった題材を探し出し、新たな切り口で表現していく」と話す。
  • 入場者が10年で2倍 サンリオピューロランド館長の「対話力」
    第8回
    2019.10.30
    入場者が10年で2倍 サンリオピューロランド館長の「対話力」
    サンリオピューロランドが、ここ数年で入場者数を伸ばしている。2018年度は開園してから初めて200万人を突破。19年の入場者数はさらに伸びる見込みだ。ピューロランド館長・小巻亜矢氏に近年の持続的成長の理由を聞いたところ、浮かび上がったのは「対話」というキーワードだった。
  • “浮かぶバイク”を2020年に市販化 A.L.I.社長が抱く大志
    第9回
    2019.11.11
    “浮かぶバイク”を2020年に市販化 A.L.I.社長が抱く大志
    「エアモビリティ社会」の実現を目指す企業は世界中に存在する。日本のスタートアップ企業、A.L.I. Technologies(以下、A.L.I.)もその一つだ。同社が開発したホバーバイク1号機は2020年に市販される。A.L.I.の片野大輔社長に1号機の魅力と、電動化など将来の展望を聞いた。
  • 石油に依存しない「素材革命」 スパイバーがクモ糸を封印した理由
    第10回
    2019.11.12
    石油に依存しない「素材革命」 スパイバーがクモ糸を封印した理由
    人工クモ糸で有名になったバイオベンチャーのスパイバー(山形県鶴岡市)が、スポーツアパレル大手・ゴールドウインの看板ブランド「ザ・ノース・フェイス」と共同開発したアウトドアジャケット「ムーン・パーカ」。実はその素材はもはや“人工クモ糸”ではないという。何が起きたのか。

関連特集・連載

【PR】小田急MaaSの挑戦
本日更新
【PR】小田急MaaSの挑戦
【PR】勝てるローカルTVCM戦略
【PR】勝てるローカルTVCM戦略
【PR】テスラ、日本でのPR活動
【PR】テスラ、日本でのPR活動
2019年ヒット商品ベスト30
本日更新
2019年ヒット商品ベスト30