次世代通信5Gは、高速大容量・低遅延・多接続という3つの特徴があり、スマホだけでなくIoTを支えるネットワークとしても注目されている。そうした5Gの特徴を実現するために、どんな技術が用いられているのか。ビームフォーミングやネットワークスライシングといったキーワードを踏まえて紹介しよう。

柱の右側にある箱がNECが開発したMassive MIMO(マッシブマイモ)のアンテナ。オレンジ色の窓の中に、円形のアンテナを多数搭載していることが分かる
柱の右側にある箱がNECが開発したMassive MIMO(マッシブマイモ)のアンテナ。オレンジ色の窓の中に、円形のアンテナを多数搭載していることが分かる

電波を直線的に飛ばして弱点をカバーする

 5Gで実現を目指す性能要件には「高速大容量」「低遅延」「多接続(多数同時接続)」という3つの特徴がある。その中で、2020年の本サービス開始当初からメリットを実感できるのは、高速大容量である。

 無線通信では、データの送信に使う電波の周波数の幅が広いほど、高速大容量の通信が実現しやすくなる。5Gでは、広い周波数の幅を確保するため「sub 6(サブシックス)」や「ミリ波」といった高い周波数帯を使うことになった。だが、高い周波数帯は障害物の裏に回り込みにくく、遠くに飛びにくいという弱点がある、というのは前回触れた通りだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>