全5回
日本ではパブリシティが「PR」の仕事と理解されている。だが、実際には世の中のパーセプション(認識)を変え、結果的に購買などの行動変容につなげることが本来のPRの役割だ。世の中のトレンドの裏側で、消費者のパーセプションの変容はなぜ起こるのか?PRストラテジストの本田哲也が解説する。
  • 第1回
    2019.08.08
    ピューロランドが劇場化 トレンド生み出すパーセプションの威力
    商品の認知はある。けれど売り上げが低迷している――。こんな悩みを、多くのマーケターが抱えるようになった。ロングセラーブランドや、誰もが知る商品で顕著だ。そして実のところ、そのほとんどは1つの理由に絞られる。それは、「パーセプション」の問題だ。
  • 第2回
    2019.08.22
    GoProヒットにパーセプションチェンジ 日本で女性に売れたワケ
    「パーセプション」とは、消費者が商品やサービスを捉える「認識」を指す。その認識を、マーケティングによって意図的に変化させるのが「パーセプションチェンジ」だ。連載の第2回では、アクションカメラ「GoPro」の成功例からパーセプションチェンジの重要性をさらに掘り下げてみよう。
  • 第3回
    2019.09.05
    森永ラムネが大ヒット ブランドへの認識のギャップが成功の鍵
    本連載でパーセプションチェンジの重要性を説いてきたが、第3回は少し視点を変えてみよう。「パーセプションとクチコミの関係」についてだ。商品やサービスに対する認知と認識のずれを「パーセプションギャップ」と呼ぶ。このギャップによりヒットしたのが森永製菓の「森永ラムネ」だ。

関連特集・連載

ホテルウォーズ2020
eスポーツの現在地
ロングセラー復活の軌跡
全6回
2019年下半期 食品ブレイク予測
全3回