全7回
新聞、テレビ、決算資料、官公庁のリポート――ちまたには多くのグラフがあふれているが、数値の変化を正しく伝えていないものも多い。紛らわしく、分かりづらいだけでなく、意図的に数値をゆがめているものも散見される。グラフには正しく分かりやすく伝えるための作法がある。データ可視化のコンテストで複数回受賞するなど、ビジュアライゼーションの専門家である松島七衣氏が、誤ったグラフを一刀両断。正しいグラフへの改善策を提示する。
  • 第1回
    2019.08.08
    TVで見かけたNGグラフ、だまされない目利き力【グラフ表現講座】
    グラフはビジネスに欠かせないデータ可視化の手段。誤った使い方をすれば、顧客や上司の理解を得られないばかりか、信用を損ないかねない。正しい作法に沿った「美しいグラフ」とは何か。コンテストで複数の受賞経験があるビジュアライゼーション(データ可視化)の達人、松島七衣氏が解説する。
  • 第2回
    2019.08.28
    グラフをもっと見やすくする処方箋 官公庁の資料を検証
    リポートをまとめるときに、官公庁のデータを引用したことがあるという人も多いだろう。官公庁のグラフは、網羅性や公平性を重視しているためか、多様な要素を盛り込んでいることが多い。これらは美しいグラフの定義には当てはまるのか。ビジュアライゼーションの達人、松島七衣氏が解説する。
  • 第3回
    2019.09.18
    グラフの信頼性は「データ収集条件」に宿る【グラフ表現講座】
    駅や電車、雑誌や新聞、スマホの画面。あらゆる場所で見る広告には、さまざまなグラフが使われている。広告の目的は、商品を購入させること。誇大ともいえるグラフ表現が使われることがある。そうした隠れた「狙い」をどう見抜くか。ビジュアライゼーションの達人、松島七衣氏が解説する。
  • 第4回
    2019.09.25公開予定
    合計と平均以外の集計方法の視点をもとう
  • 第5回
    2019.10.09公開予定
    値だけでなく全体との割合や、他との比較が重要
  • 第6回
    2019.10.23公開予定
    グラフの表現を変えると、見え方や情報量が変わる
  • 第7回
    2019.11.06公開予定
    悪用は禁止 「だまし」のテクニックから学ぶ

関連特集・連載

D2Cの正体
全8回
始動「5G」 見えてきたビジネス革命
全11回
データビジネス最前線
全7回
正しく伝える「美グラフ」の作法
全7回