次のトレンドが分かる! 解説&まとめ

次のトレンドが分かる! 解説&まとめ

現場で日々取材を重ねる記者が、話題のトレンドについて簡潔に解説。理解に役に立つ関連記事も紹介していきます。
  • リアル店舗とデジタルの関係を再定義 「次世代小売り」が分かるまとめ記事
    2019.12.10
    リアル店舗とデジタルの関係を再定義 「次世代小売り」が分かるまとめ記事
    「アマゾン・エフェクト」という言葉に代表されるように、あらゆる物がECで買えるようになり、デジタル起点の破壊的なノベーションが次々と起こる中で、リアル店舗の存続に黄色信号が灯っています。そんななか、リアル店舗とデジタルの関係をうまく再定義し、成功している企業があります。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説します。
  • 高級食パン店も大成功 「ネーミング」の妙が分かるまとめ記事
    2019.12.06
    高級食パン店も大成功 「ネーミング」の妙が分かるまとめ記事
    優れたネーミングやキャッチフレーズは、ブランドや商品をより強くする。商品そのものの機能や特徴に加え、商品が持つ魅力や世界観を効果的に打ち出せるようになり、消費者の心に強く刺さりやすくなるからだ。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説する。
  • カジノ以外の魅力をどう作るべきか 「IR」が分かるまとめ記事
    2019.12.03
    カジノ以外の魅力をどう作るべきか 「IR」が分かるまとめ記事
    統合型リゾート(IR)実施法が2018年7月に成立して以降、全国各地で経済効果を期待してIR誘致が活発になる一方、治安への影響やギャンブル依存症の増加を懸念する声も強まっている。地域によっては推進派と反対派が賛否を巡って激論を繰り返す。いずれにしろ、早ければ20年にも全国で最大3カ所のIRが認定される見込みだ。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説します。
  • セブン&アイ、事業構造を大胆改革 「小売業の今」が分かるまとめ記事
    2019.11.29
    セブン&アイ、事業構造を大胆改革 「小売業の今」が分かるまとめ記事
    デジタルとリアルの新しい関係に再び関心が集まっています。かつてはO2O(オンライン・トゥ・オフライン)あるいはオムニチャネルと言われていたが、最近では「デジタルツイン」というキーワードで両者の関係性を進化させようと試みる企業が相次いでいます。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説します。
  • コンビニ変調、ドラッグ伸張? 「小売りの今」を知るまとめ記事
    2019.11.26
    コンビニ変調、ドラッグ伸張? 「小売りの今」を知るまとめ記事
    近年の小売市場をけん引してきたコンビニエンスストア。市場は“飽和状態”という声もあり、変調が垣間見える。その反面、存在感を増しているのが、ドラッグストアだ。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説する。
  • デジタルとリアルの新たな融合 「デジタルツイン」まとめ記事
    2019.11.22
    デジタルとリアルの新たな融合 「デジタルツイン」まとめ記事
    デジタルとリアルの新しい関係に再び関心が集まっています。かつてはO2O(オンライン・トゥ・オフライン)あるいはオムニチャネルと言われていたが、最近では「デジタルツイン」というキーワードで両者の関係性を進化させようと試みる企業が相次いでいます。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説します。
  • ヤフー・LINEの経営統合 関連記事まとめ
    2019.11.20
    ヤフー・LINEの経営統合 関連記事まとめ
    2019年11月18日、Zホールディングス(ヤフー)とLINEの経営統合が正式発表されました。日経クロストレンドではヤフー/LINEの最新動向についての記事をまとめました。
  • 少子化・過疎化を克服する 自治体マーケティングまとめ記事
    2019.11.20
    少子化・過疎化を克服する 自治体マーケティングまとめ記事
    人口減少社会に突入して久しい国内において、人口減を最小限に食い止める。あわよくば人口を増やすには、何が必要なのか? 売れない時代に売り上げを伸ばす企業が脚光を浴びるのと同様、人口が増えない時代に増やしている、減少を食い止めている自治体の取り組みは注目に値します。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説します。
  • グーグル、MS、ドコモが本気 ゲームの未来が分かる記事まとめ
    2019.11.15
    グーグル、MS、ドコモが本気 ゲームの未来が分かる記事まとめ
    9月12~15日まで千葉・幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2019(TGS2019)の会場では、5Gを使ったサービスが体験できたのをご存知でしょうか。5Gの特徴は、高速、大容量かつ低遅延の通信が可能なこと。この特徴を生かせるコンテンツとして、携帯電話会社が期待している分野の1つがゲームだからです。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説します。
  • 市場規模は700兆円!? 注目市場「フードテック」まとめ記事
    2019.11.08
    市場規模は700兆円!? 注目市場「フードテック」まとめ記事
    今、世界では新たな発想やテクノロジーを生かし、食分野のイノベーションが進んでいます。その背景にあるのは、世界が近い将来直面する人口増加、“爆食”による食糧危機、環境破壊、人手不足といった社会課題です。これを解決しようと、IT系のバックグラウンドを持った経営者がこぞって食分野に参戦しており、その新たなフードテックの市場は世界で700兆円に上ると言われる巨大マーケットです。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説します。
  • ZOZOもはまった 試行錯誤続く「パーソナライズ」まとめ記事
    2019.11.05
    ZOZOもはまった 試行錯誤続く「パーソナライズ」まとめ記事
    アパレルの分野では、パーソナライズが新たな潮流になっています。ただ、採寸の方法やどこまでカスタマイズできるかは、各社が試行錯誤中。ZOZOは究極のフィット感を追求し、着るだけでサイズを測れるボディースーツを配布しましたが、コストがかさんでしまいました。加えて、1ミリ単位で調節可能な点も、カジュアルな服ではオーバースペックだったようです。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説します。
  • テレビCM以上の効果も期待 最新「デザイン活用」まとめ記事
    2019.11.01
    テレビCM以上の効果も期待 最新「デザイン活用」まとめ記事
    企業が自社の商品を訴求する場合、テレビCMやアンテナショップを立ち上げたりします。それなりのまとまった資金が必要になるこれらの方法に対して、比較的低予算で大きな効果を上げられる方法として「パッケージ」や「プロダクト」のデザインがあります。魅力的なデザインであれば、それを見た消費者が自らインスタグラムなどのSNSに投稿してくれます。自社で広告を出さなくても、短期間で認知を拡大できるわけです。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説します。
  • ついにプレサービス開始 次世代通信「5G」まとめ記事
    2019.10.29
    ついにプレサービス開始 次世代通信「5G」まとめ記事
    2020年の大イベントといえば東京五輪ですが、次世代モバイル通信「5G」の本格サービスが始まるトピックも見逃せません。それに向けて、通信事業者各社による5Gのプレサービスが広がっています。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説します。
  • いよいよ本格普及期へ 再び脚光浴びる「AR」まとめ記事
    2019.10.25
    いよいよ本格普及期へ 再び脚光浴びる「AR」まとめ記事
    一般消費者にとってARが身近になったのは、2013年に米グーグルが世に送り出したスマートグラス「Google Glass」、もしくは2016年にヒットし社会現象となったアプリ「ポケモンGO」ではないでしょうか。あれから数年が経過し、すっかり市民権を得た存在に昇華したかと言うと、「そんなに生活に役立っているとは思わない」と感じる人は少なくないでしょう。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説します。
  • ゴージャスだけではない、心揺さぶる体験も 「アウトドア」記事まとめ
    2019.10.23
    ゴージャスだけではない、心揺さぶる体験も 「アウトドア」記事まとめ
    2019年8月末の週末、キャッシュレスについて取材するため、神奈川県葉山一色海岸海水浴場を訪れました。「SAIL HUS」(セイルハウス)という海の家が今夏“脱現金”を積極的に打ち出し、集客増に成功していると耳にしたためです。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説します。
  • 花王、ソニーも推進「オープンイノベーション」記事まとめ
    2019.10.18
    花王、ソニーも推進「オープンイノベーション」記事まとめ
    オープンイノベーションが注目されています。大企業や大学、自治体、ベンチャーなど異業種、異分野のプレーヤーが持っている技術やノウハウ、アイデア、データなどを互いに組み合わせる取り組みが活発です。無論、今までにない製品やサービス、ビジネスモデルの開発につなげることが狙いです。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説します。
  • 大手も参入「仮想空間ビジネス」がよく分かる記事まとめ
    2019.10.15
    大手も参入「仮想空間ビジネス」がよく分かる記事まとめ
    VR(仮想現実)を活用したサービスといえば、ゲームを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。2016年には、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が「PlayStation VR」を発売するなど、同年は“VR元年”と呼ばれました。しかし、その後一般化には至らず、「VRブームは去った」という声も聞かれます。だが実は、VRをはじめとした仮想空間関連のサービスは着実に増え、大きなうねりとなり広がりを見せています。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説します。
  • 消費市場を動かし始めた「サステナブル」がよく分かるまとめ記事
    2019.10.11
    消費市場を動かし始めた「サステナブル」がよく分かるまとめ記事
    株式市場では、企業に環境への配慮を求める「ESG(環境・社会・企業統治)投資」というキーワードが投資家の関心を集めています。また消費市場でも、「サステナブル」(環境に害を与えず、持続可能)というキーワードが注目を浴びています。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説します。
  • 『ファクトフルネス』に学ぶ データの読み解き方
    2019.10.09
    『ファクトフルネス』に学ぶ データの読み解き方
    マーケティング担当者たるもの、主業務が商品開発であれ広告宣伝であれ、データ分析は不可欠です。ベストセラー書籍『ファクトフルネス』は、思い込みを排して、起きている事象をより正確に把握することを提唱しています。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説します。
  • データ活用着々 「儲かる」ビッグデータへ
    2019.10.08
    データ活用着々 「儲かる」ビッグデータへ
    かつて「我が社にビッグデータはあるが、どうやって収益に結び付けるか分からない」という悩みを抱えている企業は多数存在していました。そうした状況は、もはや過去のものとなりつつあります。着実にデータ活用を進めることで「儲かる」ための仕組みを構築する企業が増えています。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説します。

関連特集・連載

大予測2020-2021
大予測2020-2021
全7回
最後の成長市場 シニアの攻略法は新3K
最後の成長市場 シニアの攻略法は新3K
全5回
ランキングから探るブランド成功の鍵
本日更新
ランキングから探るブランド成功の鍵
都心へ発進 相鉄のブランド再構築
都心へ発進 相鉄のブランド再構築
全3回