ご多分に漏れず日経BPも、新型コロナウイルス対策の一環として全社を挙げてテレワークに取り組みました。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説します。

(写真/Shutterstock)
(写真/Shutterstock)

 新型コロナウイルスの感染拡大を機に本格的にテレワークで働いたこの数カ月間は、その利便性だけでなく、課題についても肌で体感する良い機会となりました。

 課題の1つとして痛感したのが、出社しているメンバーと在宅のメンバーに分かれて行うビデオ会議のやりづらさです。特に弊社の場合、会社側が専用の設備を会議室や打ち合わせスペースに用意しているわけではなかったので、「音を出す」「音を拾う」「画面を映し出す」のそれぞれを最適化すべく、各部署が試行錯誤する羽目に陥りました。

 その過程で、数メートルの範囲で360度の音を集められる無指向性のマイクが有用と気付き、筆者は急きょ3月7日に東京・新宿の大手家電量販店に買いに行きました。驚いたのは、そこで目にした光景。パソコン向けのマイクなどを扱う周辺機器コーナーに人だかりができていたのです。地下1階のどちらかというと片隅にあるこのコーナーの前をときどき通るのですが、いつもはほとんど人がおらず静まり返っているにもかかわらずです。

 来店者のお目当ては、ウェブカメラでした。目の前で5個、10個とウェブカメラのパッケージを山積みにしてレジに向かうスーツ姿の男性が次々と現れる様子は正直異様でした。まるで、なにかの特価販売のよう…。恐らくテレワークの導入が急きょ決まり、ビデオ会議に必要なカメラがパソコンについておらず慌てて買いに来たのでしょう。

 私が目にした光景は決してこの量販店特有の現象ではなかったようです。全国の家電量販店の実売データを集計している「BCNランキング」(BCN)によると、ウェブカメラの販売台数は2020年3月2日の週に前年同期比で327.6%に急伸したそうです。2019年12月2日の週から20年2月10日の週までは、ほとんど変化はありませんでしたので、異常とも言える売り上げ増となりました。最も売れたのは、ロジクールの「HD Webcam C270n」(直販サイトの価格は2310円)だったとのこと。全売り上げのうち3分の1がこの機種だったそうです。

 その後の状況を知りたくなり、改めて3月15日に前出の新宿の家電量販店を訪れてみました。すると、ほぼすべての製品に「ただいま、品切れをしております」と書かれた紙が値札に張られていました。店員に尋ねたところ、いずれも納期未定だとのこと。マスク以外にも、新型コロナウイルスによって新たな商機が生まれていたわけです。

 日経クロストレンドでは、こうした新型コロナウイルスによって生じた消費の変化を日々報道し続けています。ぜひこの機会に新たな発見をしていただければ幸いです。

商戦に異変も 「新型コロナウイルスによる消費の変化」まとめ記事(画像)

新型コロナで訪問者数2〜6倍増 関係機関、対策製品企業サイト


商戦に異変も 「新型コロナウイルスによる消費の変化」まとめ記事(画像)

従業員が新型コロナウイルスに感染したとき、企業がなすべきこと


商戦に異変も 「新型コロナウイルスによる消費の変化」まとめ記事(画像)

新型コロナ緊急調査 テレビ業界を襲う空前の危機と視聴率アップ


中国では何が起こったのか

商戦に異変も 「新型コロナウイルスによる消費の変化」まとめ記事(画像)

新型コロナで急伸「巣ごもり消費」の実情 中国の現状分析

 新型コロナウイルスの感染が広がったことで、小・中・高等学校の一斉休校や在宅勤務の推奨、大規模イベントの中止などの対策が打ち出され、消費者の生活スタイルに多大な影響をもたらしている。先行して新型コロナウイルスの荒波にさらされた中国では、どのようなトレンドが生まれているのか。トレンドExpress(東京・千代田)が中国のSNS投稿を分析したところ、長引く「巣ごもり生活」への対応が見えてきた。


商戦に異変も 「新型コロナウイルスによる消費の変化」まとめ記事(画像)

新型コロナ対策、従業員10万人の職場復帰でAIをフル活用

 中国EC最大手のアリババ集団は2020年3月9日、従業員に対し自社の新型コロナウイルス対策を公表した。20年2月24日から正式に従業員の職場復帰を開始し、現在は大部分が復帰している。今回はアリババの取り組みから、こうした事態が生じたときの職場復帰について、ヒントを整理して伝える。


商戦に異変も 「新型コロナウイルスによる消費の変化」まとめ記事(画像)

新型コロナ対策で医療現場に音声入力システム 識別率は92%以上

 中国インターネット検索最大手の百度(バイドゥ)と臨床データ採集システムを手掛ける「子杰宝貝(ズージェーベイビー)」によって共同開発された医療現場向けの音声認識入力システムが2020年2月25日、山東省煙台市の煙台市伝染病医院に導入された。バイドゥはAI(人工知能)を使った音声認識技術を無償で提供することで、ズージェーベイビーの新型コロナウイルス対策支援に向けたシステム開発をサポートしている。


知っておきたい、こんな出来事

商戦に異変も 「新型コロナウイルスによる消費の変化」まとめ記事(画像)

レノボの「テレワークガイド」公開が話題 広報はどう動いた?

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受け、鈴木正義氏が兼務しているレノボの広報から「テレワークスタートガイド」なるものが公開され、一部で話題となりました。今回はこの一件に関し、同氏が広報としてどのように判断し、社内がどう動いたかについて裏側を明かしてもらいました。


商戦に異変も 「新型コロナウイルスによる消費の変化」まとめ記事(画像)

【特報】新型コロナで都外から流入「5割減」 スマホ人口動態調査

 新型コロナウイルスの広がりで、各種イベントの中止が相次いでいる。在宅勤務へと移行する企業も増えつつある。人の往来はどれだけ減っているのか。人口動態分析のAgoop(東京・渋谷)が東京都内の一部で検証したところ、都外からの流入が5割減るなど、経済への打撃を裏付ける変化が見えてきた。


商戦に異変も 「新型コロナウイルスによる消費の変化」まとめ記事(画像)

新型コロナでトイレットペーパー蒸発 デマ以外にも意外な理由

 全国小売店の販売データを集計する日経POS情報で、2020年2月の来店客千人当たり販売金額の前年同月比伸び率を調査した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、除菌製品や乾パスタなどの販売金額が前年同月比で大きく伸びた。