大企業に加えて、国も積極的にスタートアップによる新産業創出を支援し始めました。ビジネスの新トレンドを探る上で、スタートアップの動向は見逃せない時代になっています。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説します。

(写真/Shutterstock)
(写真/Shutterstock)

 国内外を問わず、気鋭のスタートアップに投資する有力ベンチャーキャピタル(VC)やベンチャー支援企業へ取材すると、2020年以降のビジネストレンドがあらわになりました。

 まず、19年に急成長を遂げた「D2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)」関連のスタートアップです。店舗を持たず、商品企画から販売まで主に自社で手掛けるのが特徴で、独自の世界観を巧みに打ち出し、多くのファンを獲得しています。一方で、定額で定期配送するサブスクリプション(サブスク)モデルも急拡大しました。20年以降は、このD2Cとサブスクを組み合わせた新サービスが続々と台頭し、市場の在り方を激変させる可能性があります。

 もう一つビジネスのモデルを大きく変えるキーワードが「従量課金モデル」です。

 その名の通り、使った分だけ課金をし継続して支払ってもらうモデルです。航空機のエンジンメーカーである米ゼネラル・エレクトリック(GE)は、“飛んだ分だけ”航空会社などに課金するのが特徴。このような課金モデルは、農業分野など実はさまざまな領域にも広がりつつあります。

 テクノロジーとして注目なのが、「距離を超える技術」です。空飛ぶクルマを開発する日本のスタートアップであるスカイドライブ(東京・新宿)は、19年12月に有人飛行試験をついに開始。移動革命へのカウントダウンが始まっています。さらに、ロボットを操って遠隔地で自在に活動できるアバター技術の実用化も目前です。VR(仮想現実)空間へ自由に飛び込めるサービスも続々と登場しており、誰もが瞬間移動し、住んでいる場所を問わず自由に活躍できる世界が迫っています。

 距離を超える技術が一般化することで、社会構造が激変する可能性もあります。移動にかかるコストや時間は極限まで圧縮され、もはやどこに住むかは問題ではなくなります。東京一極集中や地方の過疎化といった社会課題の解決への端緒になるかもしれません。

 ジェームズ・キャメロン監督のSF映画『アバター』では、遠隔地の人造生命体を意識のみで操作する様子が描かれています。スティーブン・スピルバーグ監督作品『レディ・プレイヤー1』では、誰もがVR世界を自在に闊歩(かっぽ)する未来が描かれています。そんな未来が実はすぐそこまで来ています。

2020のビジネストレンドはこうなる 「スタートアップ新潮流」まとめ記事(画像)

「D2C×サブスク」が急拡大 朝日メディアラボ山田氏編


2020のビジネストレンドはこうなる 「スタートアップ新潮流」まとめ記事(画像)

「従量課金モデル」が家電や農機に Plug and Play編


2020のビジネストレンドはこうなる 「スタートアップ新潮流」まとめ記事(画像)

QRコードの次、顔認証が決済の本命に YJキャピタル堀氏編


空飛ぶクルマ、アバター…移動革命始まる

2020のビジネストレンドはこうなる 「スタートアップ新潮流」まとめ記事(画像)

【空の産業革命】ドローン配送や空飛ぶタクシーで輸送が高速化

 厳選したキーワードから、近未来の日本に起きることを予測する特集の6回目は、「空の産業革命」。ドローン配送や空飛ぶタクシーにより、届け先や行き先の自由度が拡大し、移動時間も高速化。空がインフラ化される時代が近づいている。


2020のビジネストレンドはこうなる 「スタートアップ新潮流」まとめ記事(画像)

ANAも参入 「5G+分身ロボット」がビジネスを変えるワケ

 住む場所や身体的な制約から解放される――。大容量かつ低遅延の5G通信は、そんなSF的な未来を一般化する起爆剤となる。5G特集の7回目からは、「距離を超える技術」に着目。遠隔操作できる「アバター(分身)ロボット」や、VR関連サービスがどう生活やビジネスを変えるのか、最前線を追う。


2020のビジネストレンドはこうなる 「スタートアップ新潮流」まとめ記事(画像)

モノの売り方が変わる 5G時代に来る「VR/AR消費」とは何か

 5Gのデモとして実施されることが多いVRやAR(拡張現実)。大容量、低遅延のメリットを生かせるというが、果たして本当か。調べると、5G時代を見据え、未来の小売りやエンターテインメントを革新する斬新サービスが既に生まれ始めていることが分かった。


スタートアップを生むエコシステムが進化する

2020のビジネストレンドはこうなる 「スタートアップ新潮流」まとめ記事(画像)

深セン発!スタートアップ養成所「HAX」上陸 生みの親に直撃

 中国深センと米サンフランシスコで数々のハードウエアスタートアップを支援してきたアクセラレータープログラム「HAX」がついに日本上陸。住友商事やSCSKと組んで、「HAX Tokyo」が始動した。なぜ今、東京に上陸したのか、日本のスタートアップ市場をどうみるのか、HAX生みの親を直撃した。


2020のビジネストレンドはこうなる 「スタートアップ新潮流」まとめ記事(画像)

全50社リスト!エコシステムが生み出したAI・IoTスタートアップ

 米シアトルとその周辺には、AI(人工知能)など最先端のテクノロジーの人材を育てる、エコシステムが形成されAIやIoTのスタートアップが次々と立ち上がっている。AIやIoTといっても、事業ドメインはさまざまだ。どのようなスタートアップが注目されているのか。独自取材に加えて、現地のベンチャーキャピタルなどの情報を基に50社リストを作成した。


2020のビジネストレンドはこうなる 「スタートアップ新潮流」まとめ記事(画像)

「変人、オタク大歓迎」 三菱地所が有楽町でスター発掘の謎

 “丸の内の大家”こと三菱地所が、東京・有楽町の再構築に乗り出す。「大丸有(だいまるゆう)」(大手町、丸の内、有楽町)を1つの街とみて、有楽町から日本全国、世界へと羽ばたくスター誕生の仕組みをつくるという。いわく「変人、オタクも大歓迎」。ハードではなく、人を中心に街を変える試みに乗り出した。


全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する