仕事から帰ると、家事や子育て、場合によっては介護など多くの仕事が待っている。時間がいくらあっても足りない。そう感じている人は多いのではないでしょうか。こうした消費者心理を反映してか、最近「時短」をうたう商品やサービスが目立ちます。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説します。

(写真/Shutterstock)
(写真/Shutterstock)

 仕事から帰ると、家事や子育て、場合によっては介護など多くの仕事が待っている。時間がいくらあっても足りない。そう感じている人は多いのではないでしょうか。こうした消費者心理を反映してか、最近「時短」をうたう商品やサービスが目立ちます。

 例えば、東京・新宿の伊勢丹新宿店本館にある化粧品売り場では、2019年9月に、時間を優先したい人を対象にした「クイックカウンター」を設置しました。通常のカウンターと異なり、クイックカウンターでは客は立ったまま接客を受けます。百貨店としては、丁寧に接客したいが、時間が掛かると客の負担になり、足が遠のく原因ともなります。

 ネット通販が普及したことで、買い物でも時短を求める消費者が増えています。優雅にショッピングというイメージのある有名百貨店といえども時短ニーズには逆らえないということでしょう。

 男性だって時短が必要です。出勤前の支度にそれほど時間をかけたくないのは誰だって同じ。忙しい朝に犠牲となりやすいのは食事の時間です。大塚製薬は、ドリンクタイプの栄養補助食品「カロリーメイト リキッド」を発売しました。缶を開ければ、バランスの良い栄養を摂取できるのがメリットです。手早くおいしい料理をつくるための調味料や袋をそのまま皿として使える冷凍食品など続々と登場しており、食の分野では時短が大きな価値になっていることが分かります。

 時短には、どことなく「手抜き」や「さぼり」という印象がつきまとう面があります。時短に伴う罪悪感を軽減する工夫を商品やサービスに加えることで、購入の際の心理的ハードルを下げられるはずです。

忙しい消費者に刺さる 時短マーケティングが分かるまとめ記事(画像)

伊勢丹新宿店、化粧品売り場を刷新 時短ニーズに応えた接客へ


忙しい消費者に刺さる 時短マーケティングが分かるまとめ記事(画像)

大丸松坂屋に開店 定額制で付け替え放題の時短ネイルサロン


忙しい消費者に刺さる 時短マーケティングが分かるまとめ記事(画像)

「時短」「サボり」を提案する、30代女性狙いの夜用スキンケア

あわせて読みたい

時短ニーズが大きい食分野

忙しい消費者に刺さる 時短マーケティングが分かるまとめ記事(画像)

カロリーメイトの新飲料 ビジネスパーソンの朝を狙う

 大塚製薬はドリンクタイプの栄養補助食品「カロリーメイト」に、新たに3種類のドリンクを加えた。名称は「カロリーメイト リキッド」。メーンターゲットは、知的作業への集中力が求められるビジネスパーソン。36年前にカロリーメイトを普及させた、対面での「商品説明」と「試飲」で着実な浸透を図る。


忙しい消費者に刺さる 時短マーケティングが分かるまとめ記事(画像)

ハウス食品と神州一味噌 パウダーを使った新市場開拓の手法

 リブランディング特集3回目は、神州一味噌とハウス食品。両社はそれぞれ味噌やカレーで知られるが、2019年春にパウダー化した製品を相次ぎ発売し、調味料の市場を開拓している。しかし開発の狙いやコンセプトが全く違うため、ブランディング手法も異なる。


忙しい消費者に刺さる 時短マーケティングが分かるまとめ記事(画像)

「袋が器」のチャーハンに注目 新領域を開拓する冷凍食品が続々

 2019年下半期にブレイク必至の食品を予測する本特集。第1回は冷凍食品編。「バイヤーズグランプリ」(日本アクセス)で1位に輝いた冷凍チャーハン「WILDish 焼豚五目炒飯」(マルハニチロ)など、新規性を備えたヒットの有望株をピックアップする。


家電も時短機能が充実

忙しい消費者に刺さる 時短マーケティングが分かるまとめ記事(画像)

選択の新基準は洗剤自動投入 日立、ハイテク満載の洗濯機発売

 洗濯機購入の選択基準として「洗剤の自動投入機能」が重視されつつある。IoT化も最新のトレンドだ。日立グローバルライフソリューションズの最新ドラム式洗濯乾燥機は、そうしたニーズにハイテクで対応。スマートフォン連携も取り入れ、共働き世帯や使いやすさを求めるアクティブシニアを狙う。


忙しい消費者に刺さる 時短マーケティングが分かるまとめ記事(画像)

パナソニック発の“やわらか食家電” 家ナカ介護食に革命

 介護食に革命を起こす斬新な家電を、パナソニック発のベンチャー「GIFMO(ギフモ)」が開発。肉などを使った家庭料理や総菜を、見た目そのままに軟化できるのが革新的だ。普通食をスムーズに食べるのが困難な人の救世主として、国内外で注目を集めている。


忙しい消費者に刺さる 時短マーケティングが分かるまとめ記事(画像)

テーマは時短 パナソニックが縦型洗濯機に洗剤自動投入機能を搭載

 パナソニックは、液体洗剤・柔軟剤の自動投入機能を搭載した縦型洗濯乾燥機「NA-FW100/90/80K7」を2019年6月25日に発売すると発表した。家事の手間を省きたい夫婦共働き世帯がターゲット。従来モデルと変わらない大きさにすることで、ななめドラム式洗濯乾燥機が置けず、自動投入機能搭載の洗濯機の購入を諦めていた人を取り込む。