Zホールディングス(ヤフー)とLINEが経営統合します。日経クロストレンドでは、ヤフー・LINEの最新動向についての記事をまとめました。

 2019年11月18日、ヤフーの親会社であるZホールディングス(HD)とLINEは、経営統合することで合意。同日に開いた記者会見ではZHDの川邊健太郎社長とLINEの出澤剛社長が登場し「日本・アジアから世界をリードするAI(人工知能)カンパニーになる」と、GAFAへの対抗姿勢も見せました。この統合で、国内でGAFAに対抗できるプラットフォームが誕生するのでしょうか。

 日経クロストレンドでは、ヤフー・LINEの統合や、両者が進める買収・新規事業・新サービスについての記事をまとめました。ぜひご覧ください。

ヤフー・LINEの経営統合 関連記事まとめ(画像)

ヤフーとLINEが統合会見 日本から世界をリードするAI企業に


ヤフー・LINEの経営統合 関連記事まとめ(画像)

ヤフーとLINE、統合へ 孫氏が狙う1億人のマーケティング基盤


ヤフー・LINEの経営統合 関連記事まとめ(画像)

【コメント募集】ヤフーとLINEが経営統合を正式発表!


ZOZO、アスクル…ヤフー買収・出資企業はどうなる

ヤフー・LINEの経営統合 関連記事まとめ(画像)

ヤフーのZOZO買収に3つの効果 ブランド離れ加速の恐れも

 ネットメディアの巨人とファッションECの雄が手を組む。2019年9月12日、ヤフーはTOB(株式公開買い付け)によりZOZOを買収すると発表。TOBが成立すれば両者の間で3つの効果が期待できそうだ。ヤフーとの連携によりZOZOは“大衆化“を目指す。一方で、ブランドのZOZO離れを加速させる危険をはらむ。



ヤフー・LINEの経営統合 関連記事まとめ(画像)


ヤフーはアスクルの「LOHACO流ものづくり」を理解できるか

 アスクルの社長退任問題で、LOHACO事業はどうなるのか。たとえヤフーに移管されても、商品の付加価値の原点といえるLOHACO流のものづくりをヤフーが理解できなければ、事業の運営は難しいだろう。強引さが目立つヤフーは、事業に携わるメーカーやデザイナーと信頼関係を築けるのだろうか。



ヤフー・LINEの経営統合 関連記事まとめ(画像)

Rettyがグルメ情報を外販、ヤフー出資でPayPay連携も

 データ提供が生業ではない企業が、本業から得た“副産物”としてのデータでマネタイズ(収益化)を図る動きが始まっている。口コミのグルメサイト運営のRettyは、出光興産の旅行案内サイトへ食関連の情報を提供している。三井住友カードは、カード決済から得られる情報で小売り店舗などと連携を始めた。



LINEの新サービス、新規事業

ヤフー・LINEの経営統合 関連記事まとめ(画像)

LINEがスタンプをサブスク化 信用スコアリングも導入

 LINEは2019年6月27日に「LINE CONFERENCE 2019」を開催し、「LINEスタンプ」のサブスク化など、複数の新サービスを発表した。「LINE MUSIC」の楽曲が1回ずつ無料で聴ける「ONE PLAY」や信用スコアリングサービスなども提供を開始するという。



ヤフー・LINEの経営統合 関連記事まとめ(画像)

LINEがAIビジネス参入 日本語データ収集力の強みを生かす

 LINEが新たにAIビジネスに参入する。チャットボットや音声認識といった技術で企業の業務効率化を支援する。GoogleやAmazonなどの海外製AIが日本でも浸透しているなか、同社はどのように戦うのか。鍵はLINEが持つ“日本語”に関する膨大な量のデータだ。