一般消費者にとってARが身近になったのは、2013年に米グーグルが世に送り出したスマートグラス「Google Glass」、もしくは2016年にヒットし社会現象となったアプリ「ポケモンGO」ではないでしょうか。あれから数年が経過し、すっかり市民権を得た存在に昇華したかと言うと、「そんなに生活に役立っているとは思わない」と感じる人は少なくないでしょう。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説します。

(写真/Shutterstock)
(写真/Shutterstock)

 AR(拡張現実)の概念を最初に世に知らしめたのは、「オズの魔法使い」の著者として知られる作家ライマン・フランク・ボーム氏なんだそうです。1901年に刊行した小説「マスターキー」(原題はThe Master Key)の中で、現実世界と仮想世界を重ね合わせるシーンを登場させています。

 一般消費者にとってARが身近になったのは、2013年に米グーグルが世に送り出したスマートグラス「Google Glass」、もしくは2016年にヒットし社会現象となったアプリ「ポケモンGO」ではないでしょうか。あれから数年が経過し、すっかり市民権を得た存在に昇華したかと言うと、「そんなに生活に役立っているとは思わない」と感じる人は少なくないでしょう。

 しかし再びARが脚光を浴びる機運が高まっていることをご存じでしょうか。例年米国調査会社ガートナーは最新テクノロジーがどう社会に普及していくかを示す分析予測「ハイプ・サイクル」を発表しているのですが、先日発表された2019年版に「ARクラウド」という技術トレンドが初めて登場しました。

 ハイプサイクルでは、テクノロジーは「黎明期」「過度な期待のピーク期」「幻滅期」「啓蒙活動期」「生産性の安定期」の5フェーズで普及するとしています。ARクラウドは現在黎明期にあり、今後「過度な期待のピーク期」に向けて大きな注目を浴びるはずだとガートナーは見ています。

 では、ARクラウドとはいったいなんでしょうか。一言で言うなら、消費者が目で見ている世界の姿や形を3次元でマッピングし、ビルなどの地点ごとに関連する情報とひもづけてクラウド上に一括保管したうえで、様々なサービスで活用できるようにする技術です。古くからITを見てきた読者なら、2009年に登場し話題をさらった「セカイカメラ」に近い概念と言えば分かりやすいかもしれません。

 ガートナーはARクラウドの登場によって、「新しいインタラクション・モデルのほか、物理的な空間から収益を生み出す新たなビジネスモデルが実現する」(出典:ガートナーのプレスリリース)と予測しています。一方ARそのものについては、2018年版のハイプ・サイクルで既に「幻滅期」に達したと分析。世の中の関心は薄れたものの、消費者が具体的なメリットを感じるような第2世代、第3世代のサービスを先進企業がリリースする直前のタイミングにあるとしています。

 先日、ポケモンGOを共同開発したNianticのVP Asia Pacific Operationの川島優志氏と短い時間ながら立ち話をさせていただく機会がありました。川島氏も、ARを活用しやすくするクラウド基盤の登場によって、今後ARを活用したいと考える企業が急増していくはずだとおっしゃっていました。

 小説マスターキーの刊行から、約120年。ARが、SFの世界から現実世界に“降りてくる”日はそう遠くなく訪れそうです。

いよいよ本格普及期へ 再び脚光浴びる「AR」まとめ記事(画像)

ポケモンGOの次は“ハリポタGO” 忠実な世界観でファン垂涎


いよいよ本格普及期へ 再び脚光浴びる「AR」まとめ記事(画像)

静岡の小さな町が東京から奇抜プロモ AR+謎キャラ+コスプレ


いよいよ本格普及期へ 再び脚光浴びる「AR」まとめ記事(画像)

「キッザニア」にライバル出現? テーマパーク展開にARを活用


あわせて読みたい

いよいよ本格普及期へ 再び脚光浴びる「AR」まとめ記事(画像)

パナも開発中「スマートミラー」は美容の新市場を作るか

 化粧品業界で、“美容テック”とも呼べるイノベーションが起きている。IoTやデータを活用したパーソナライズ市場が生まれつつあるのだ。そんななか、「スマートミラー」の開発が各社で始まっている。スマートミラーとは何か、ターゲットやビジネスモデルは? その可能性を探る。


いよいよ本格普及期へ 再び脚光浴びる「AR」まとめ記事(画像)

AR(拡張現実)で自宅の改築支援 高機能サイトが続々登場

 米国でインテリアデザインのサイトやアプリが増えている。自分の住宅を改築する際、デザイナーや工務店だけに任せず、気に入ったデザインや素材を自ら選ぶためだ。家具や壁、床を選んだり、簡単なデザインを試してみたりすることが誰にでも簡単にできる。


いよいよ本格普及期へ 再び脚光浴びる「AR」まとめ記事(画像)

テクノロジーを使った「人間の能力拡張」はどこまで許されるのか

 デジタル技術で人間の能力を高める「人間拡張」に関する研究・開発が活発になっている。日経クロストレンドなどの主催で2019年5月に都内で開かれた技術イベント「テクノロジーNEXT 2019」では、「人間拡張パネルディスカッション」を開催。キーパーソンが人間拡張がもたらす社会の変化について議論を戦わせた。


海外ではここまで開発進む

いよいよ本格普及期へ 再び脚光浴びる「AR」まとめ記事(画像)

チャイルディッシュ・ガンビーノに独占取材、ARアプリの舞台裏

 グラミー賞のラッパー「チャイルディッシュ・ガンビーノ」ことドナルド・グローバーに、クリエイティブな世界へAR(拡張現実)を持ち込む狙いを直撃取材。大手ブランド企業こそARを活用すべき理由も明示される。


いよいよ本格普及期へ 再び脚光浴びる「AR」まとめ記事(画像)

テンセントとファーウェイが連合実験室を開設、SNSやARなどで提携

 2019年5月17日、中国ネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)は、中国の通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)と、イノベーションの共創を目的とした連合実験室「華為EMUI・騰訊QQ連合実験室」を中国の深センに設立した。提携領域はSNSやAR(拡張現実)、決済、IoTなどだ。


いよいよ本格普及期へ 再び脚光浴びる「AR」まとめ記事(画像)

3Dで飛び出す検索、グーグル開発者会議でAI・ARの先進機能を披露

 米グーグルの開発者会議「Google I/O」が2019年5月7日に開幕した。AR(拡張現実)に対応した検索などの新しいサービス群を発表し、デジタルマーケティングへの注力姿勢を鮮明にした。スマートフォンの新製品など複数のハードウエア製品も投入し、グーグルのサービスを活用する場面を増やす戦略だ。