モノがネットにつながるIoTやビッグデータ活用の要となるAI(人工知能)。政府のAI戦略では「デジタル社会の基礎知識(いわゆる「読み・書き・そろばん」的な素養)」として、「数理・データサイエンス・AI」を掲げ、AI人材を年間25万人育成するという目標を掲げています。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説します。

(写真/Shutterstock)
(写真/Shutterstock)

 モノがネットにつながるIoTやビッグデータ活用の要となるAI(人工知能)。政府のAI戦略では「デジタル社会の基礎知識(いわゆる「読み・書き・そろばん」的な素養)」として、「数理・データサイエンス・AI」を掲げ、AI人材を年間25万人育成するという目標を掲げています。

 しかし、AIでも今の日本に存在感はありません。ソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義氏は自社イベント「SoftBank World 2019」で、「日本はAIの後進国」と断言すると同時に、「まだ手遅れではない」と日本の巻き返しに期待を示しました。一方、先月にはAI分野に投資する「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の2号ファンドの立ち上げを発表。投資規模は1080億ドルの予定で、いかに孫氏がAIに期待を掛けているかが分かります。

 「(AI開発の技術者以外も)ビジネスで活用するためにAIの仕組みを知る必要がある」と、AIに詳しい駒沢大学経済学部の井上智洋准教授は指摘します。そして、「AIを活用できる者はたくさんの人間を従えているのと同じような巨大な力を持つようになる」と予想。既に一部ではビジネスにも活用されており、例えば花王はスマホで顔写真を撮って入力すると、最も似合うヘアスタイルが自分の顔と合わさった合成画像で表示されるというAIを独自開発して販促に使っています。

 AIとは何かを正しく理解し、マーケティングに活用する方法が学べる記事を選びました。

「日本はAI後進国」と語った孫氏 今何が起こっているのか(画像)

ディープラーニングG検定対策1 人工知能とは?


「日本はAI後進国」と語った孫氏 今何が起こっているのか(画像)

文書の文字は当たり前 街中の看板も読み取るテキスト認識の今


あわせて読みたい

「日本はAI後進国」と語った孫氏 今何が起こっているのか(画像)

ソフトバンク孫氏の危機感「日本はAI後進国」巻き返しの可能性は

 ステージに立つソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義氏は、「日本はAI(人工知能)の後進国」と断言した。かつてインターネットやスマホの成長性を見いだし、いち早く事業に取り込んできた同氏は、AIにそれ以上の可能性を感じていると話す。「まだ手遅れではない」と日本の巻き返しに期待をかけた。


「日本はAI後進国」と語った孫氏 今何が起こっているのか(画像)

日本は「衰退途上国」 文系マーケターもAI開発に挑戦すべき

 連日の様に報道されるAI関連のニュース。2019年5月下旬に発売された『純粋機械化経済』(日本経済新聞出版社)の著者でAI研究にも精通する経済学者、駒澤大学の井上智洋准教授にAIが普及する近未来にマーケターはどのように備えるべきかを聞いた。


最新AIを知る

「日本はAI後進国」と語った孫氏 今何が起こっているのか(画像)

【AI基礎講座】気付いていますか? あなたのすぐそばにいるAI

 AI(人工知能)は遠い存在ではない。普段身近に使っているソフトウエアやWebサービスにも組み込まれており、誰もが利用している。そうした身近な技術を見直すことで、AIで何が実現でき、どんな新ビジネスを生み出せるかも見えてくる。AIの広がりについて、博士が新人の助手に指南する。


「日本はAI後進国」と語った孫氏 今何が起こっているのか(画像)

【AI基礎講座】何が違う!? 機械学習とディープラーニング

 今やあらゆる業界でAI(人工知能)を活用することが当たり前になりつつある。誰もがAIを使って新しいビジネスを創り出す時代。そのときに必要となるのは、何が得意で何ができるのか、今後はどう進化していくのかを見通す「AIの新常識」だ。仕組みと勘所を、博士が新任助手にやさしく指南する。


活用最前線を追う

「日本はAI後進国」と語った孫氏 今何が起こっているのか(画像)

「AIは作るから使う時代へ」──ZOZOテクノロジーズ野口氏

 6月24日のイベント「THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2019 TOKYO」で、ZOZOテクノロジーズの野口竜司氏は「AIは"作る"から"使う"へ~データとAIで変わるマーケティング~」と題し講演した。これからはAI(人工知能)を作ることよりも「使う」能力がより重要になってくると語る野口氏。その真意とは──。


「日本はAI後進国」と語った孫氏 今何が起こっているのか(画像)

AI記者が学生インタビューの記事を自動作成、リクルート系が開発

 記者が対面で人に会い、巧みに話を引き出す。聞いた内容を再構成し、一定の文章量の中に収める。そんな取材から執筆までを自動化するAI(人工知能)を用いたシステムがリクルート系の情報サイトで使われ始めた。こうしたAIの活用が広がれば、Webなどコンテンツ制作の仕事は大きく変化しそうだ。


「日本はAI後進国」と語った孫氏 今何が起こっているのか(画像)

花王リーゼ 潜在顧客をゲーム感覚で誘う、販促アプリにAI活用

 まだ見ぬ私に出会える。スマホで顔写真を撮って入力すると、最も似合うヘアスタイルが自分の顔と合わさった合成画像で表示される。花王の独自開発によるAIを搭載した、そんなアプリが登場した。パーソナライズな提案で「きれい」への欲求をかき立て、最後にヘアケア商品情報にひもづけるのだ。