決済手段を置き換えるだけではなく、キャッシュレスならではの新たな購買体験ができるなら、乗り換えようという機運が高まるのではないでしょうか。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説します。

(写真/Shutterstock)
(写真/Shutterstock)

 日経クロストレンドの記者が担当分野のトレンドを解説、併せて重要な記事を紹介するメルマガをお届けします。

 セブン&アイグループのスマホ決済「7pay(セブンペイ)」が、リリース直後に不正利用が相次いだことでサービス中止に追い込まれました。ようやく立ち上がり始めたキャッシュレスの流れに冷や水が浴びせられた形で、「やはり現金が安全安心」という声も。しかし、単に決済手段を置き換えるだけではなく、キャッシュレスならではの新たな購買体験ができるなら、乗り換えようという機運が再び高まるのではないでしょうか。

 キャッシュレスならではの機能としては、ネットプロテクションズ(東京・千代田)の「atone」が提供している後払いサービス、日本マクドナルドの「マクドナルド モバイルオーダー」などがあります。ファミリーマートの「ファミペイ」がこの秋に提供予定の、ポイントカードを提示しなくても自動的にポイントが付与される機能も便利そうです。

 同じく秋にはNTTドコモの「d払い」アプリに、ミニアプリという機能が搭載されます。これはアプリ内で、モバイルオーダーやタクシー配車といったNTTドコモ以外のサービスをシームレスに利用できるというもの。もちろん決済はd払いで行われます。ユーザーにとってはわざわざ別アプリを立ち上げる手間が省け、決済事業者にとってはユーザーを囲い込める。スマホ決済が購買体験の中心に陣取れるかどうか目が離せません。

もはや購買体験の中心 群雄割拠の「スマホ決済」記事まとめ(画像)

席で注文できるマクドナルド キャッシュレスが変える顧客体験


もはや購買体験の中心 群雄割拠の「スマホ決済」記事まとめ(画像)

10月に「定額制MaaS」導入へ WILLER社長が明かす


あわせて読みたい

もはや購買体験の中心 群雄割拠の「スマホ決済」記事まとめ(画像)

7pay事件から見えた サイバーセキュリティーの盲点

 「7pay(セブンペイ)」が不正利用に見舞われた問題で、セブン&アイ・ホールディングス(HD)は2019年7月16日、被害を確認できた利用者が1574人、被害金額が約3240万円に上ると明らかにした。いったい何が起きたのか。専門家2人に話を聞き、この問題から分かるサイバーセキュリティーの重要性を読み解く。


もはや購買体験の中心 群雄割拠の「スマホ決済」記事まとめ(画像)

セブンペイ不正利用 「スマホ決済」15社の補償を緊急点検!

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)の決済サービス「7pay(セブンペイ)」が不正利用に見舞われ、「被害額はすべて補償する」と発表した。では、他社でも不正利用された被害額はしっかり補償されるのか? LINE Pay、PayPay、メルペイなど15事業者を緊急点検したところ、意外な違いが浮かび上がった。


ファミマ、メルカリ 後発組の大胆戦略

もはや購買体験の中心 群雄割拠の「スマホ決済」記事まとめ(画像)

ファミリーマート新決済の全貌 したたかなキャッシュレス戦略

 ファミリーマートは2019年7月1日から自社のコード決済「FamiPay(ファミペイ)」を立ち上げる。サービス開始を前にその全貌が見えてきた。日本を代表する3大共通ポイントを足掛かりにして顧客情報を集約。決済データを小口融資や広告マーケティングにつなげる、極めてしたたかな戦略だ。


もはや購買体験の中心 群雄割拠の「スマホ決済」記事まとめ(画像)

メルペイ 売買高5000億円と後払いを武器にキャッシュレス推進

 新興のIT系QRコード決済サービス事業者としては最後発ながら、順調に事業を拡大している。サービス開始から4カ月強で、利用者数200万人、利用可能なスポット数135万を達成した。メルペイはこのまま地歩を固められるのか──。その強みと課題を追った。


ドコモ、LINE 普及にアイデア競う

もはや購買体験の中心 群雄割拠の「スマホ決済」記事まとめ(画像)

ドコモ、LINE、メルペイ…高還元疲れのキャッシュレス普及に妙手

 「2025年までに決済のキャッシュレス比率を40%に」という政府の目標に向かって、日本でもキャッシュレス化への取り組みが進んでいる。これまでは主にQRコード決済サービス事業者が打ち出すキャンペーンによる「競争」で普及を図ってきたが、2019年春以降は、「機能の違い」や「協調」による市場開拓の動きもみられるようになってきた。直近の動きを追った。


もはや購買体験の中心 群雄割拠の「スマホ決済」記事まとめ(画像)

LINEと提携、事前注文アプリ スタバがキャッシュレス率5割狙う

 スターバックス コーヒー ジャパンは2019年4月8日、「LINE」上で使えるプリペイドカードの提供を開始した。世界初の取り組みだ。19年上期には、スマートフォンアプリで事前注文し、店舗で受け取るサービス開始も計画する。現在3割強のキャッシュレス比率を早期に5割まで高めることを狙う。


もはや購買体験の中心 群雄割拠の「スマホ決済」記事まとめ(画像)

LINE Payのキャンペーン 送金機能活用で登録ユーザー拡大

 LINEが「LINE Pay」の登録ユーザーを短期間で拡大させるために大型キャンペーンを仕掛ける。「祝令和全員にあげちゃう300億円祭」は、1000円相当の「LINE Payボーナス」を「LINE」の「友だち」にプレゼントできるというもの。期間は2019年5月20日から29日までだが、300億円に達した時点で終了になる。