食品や洗剤などのパッケージ。多くは、コンビニやスーパーなどの棚で目立つことを重視するため、生活空間に置くと主張が強過ぎてしまいます。こうしたパッケージのデザインが、ECとSNSの普及によって変わり始めたようです。日経クロストレンドの記者が新トレンドを解説します。

(写真/Shutterstock)
(写真/Shutterstock)

 日経クロストレンドの記者が担当分野のトレンドを解説、併せて重要な記事を紹介するメルマガをお届けします。

 食品や洗剤などのパッケージ。多くは、コンビニやスーパーなどの棚で目立つことを重視するため、生活空間に置くと主張が強過ぎてしまいます。こうしたパッケージのデザインが、ECとSNSの普及によって変わり始めたようです。

 ECによって、パッケージは「売り場で目立つ」条件から解放され、新しい価値を提供できるようになりました。ヤフーとの提携解消問題で揺れるアスクルは、自社のECサイト「LOHACO」用にメーカーと商品を共同開発。生活空間になじむパッケージデザインを追求しています。一方SNSでは、撮影したくなる“映える”パッケージが、投稿を増やすためには重要です。それは売り場で求められるデザインと異なる魅力が求められるはず。リアルな売り場と切り離して考えることで、パッケージデザインは新しい価値を生み出す可能性があります。

 消費マーケティングの専門ネットメディア「日経クロストレンド」ならではの視点で、パッケ―ジデザイン最新事情が分かる記事を紹介します。

成功者にヒントを学べ 最新「パッケージデザイン」記事まとめ(画像)

SNS映えするファミマ限定アイス カスタマイズ自在で新味も快走


成功者にヒントを学べ 最新「パッケージデザイン」記事まとめ(画像)

アスクルのPB商品「ロハコウォーター」が売れ続ける3つの理由


あわせて読みたい

成功者にヒントを学べ 最新「パッケージデザイン」記事まとめ(画像)

キリンレモンはなぜ絶好調か 販売数2倍にした「90年前」の聖獣

 キリンビバレッジの「キリンレモン」が絶好調だ。2018年4月、発売90周年を機にリニューアル。販売目標は次々に上方修正され、18年1~8月の販売実績は前年同期比でおよそ2倍となった。この好調の理由は何だろうか。


成功者にヒントを学べ 最新「パッケージデザイン」記事まとめ(画像)

ミツカン、黒いゆずポンがヒット デザインで若い女性にアピール

 ミツカンのLOHACO限定デザインの商品が次いでヒットしている。50~60代のユーザーが多かった既存商品を30~40代に向けるため、LOHACOと組んで新しいパッケージデザインを採用した他、販売データやレビューを分析して改善を重ねたからだ。


成功者にヒントを学べ 最新「パッケージデザイン」記事まとめ(画像)

キリン「ECサイト専用麦茶」なぜヒット 開発者みずからSNS運営

 キリンビバレッジの「キリン 生姜とハーブの温もり麦茶 moogy(ムーギー)」は、ECサイトのみで販売している健康麦茶だ。2016年に商品化した。販売数量は年々拡大しており、18年の年間出荷数は前年比約1.5倍だったという。


「女子受け」するデザインで試行錯誤

成功者にヒントを学べ 最新「パッケージデザイン」記事まとめ(画像)

ドンキ開発のコラボヨーグルトは“片手持ち”で筋トレ女子を狙う

 総合ディスカウントストアのドン・キホーテは、2019年4月18日、ヘルステック系のベンチャーと共同開発した飲むタイプのギリシャヨーグルト「TAKE GReeK(テイク グリーク)」と生活雑貨2製品を発表した。ターゲットは健康、美容に関心の高い若い女性だ。


成功者にヒントを学べ 最新「パッケージデザイン」記事まとめ(画像)

SNSマーケの勝者「BOTANIST」がパーソナライズに挑む

 競合ひしめくドラッグストアのヘアケア分野で、シェア3位に急浮上した「BOTANIST」シリーズ。大ヒットの裏には、精度と速さを追求したアジャイル型の商品開発や、インスタグラムを中心としたSNSマーケティングがあった。次は、個人のニーズに合わせた“パーソナライズ”に照準を定める。


ヒットを生んだ先駆者に学べ

成功者にヒントを学べ 最新「パッケージデザイン」記事まとめ(画像)

花王ビオレが「LOHACO限定デザイン」で3倍も売れた理由

 特集3回目と4回目では、LOHACOのものづくりの現場を取材した。最近の代表例が2019年4月に花王が発売した「ビオレu 泡で出てくるボディウォッシュ LOHACO限定デザイン」だろう。4月から5月中旬にかけて、同シリーズの既存商品に比べて約3倍の売れ行きを示したからだ。


成功者にヒントを学べ 最新「パッケージデザイン」記事まとめ(画像)

nendo佐藤氏によるデザイン刷新 大幸薬品「クレベリン」絶好調

 デザインを大きくリニューアルした大幸薬品の「クレベリン」が好調な売り上げを見せている。ウイルス除去関連製品の市場は、2018年第4四半期(10月から12月)で前年同期比9%の伸び(インテージ調べ)。そうしたなかで、同社のクレベリンの店頭販売は同17%増と市場の伸びを大きく上回る成長を記録した。