地球環境において最もホットなテーマの1つがプラスチックごみ問題だ。各企業もプラスチックの採用をやめ、環境に優しい素材へ切り替える動きが本格化してきた。この問題に対し、ロシアから革新的な解決策を提示しているのがソエムズだ。同社の紙を使った梱包材は、世界中から高い評価を得ている。

パルプモールド製品で高い評価を得ているソエムズの工場。同社はプラスチックごみ問題の解決に向け、まい進する
パルプモールド製品で高い評価を得ているソエムズの工場。同社はプラスチックごみ問題の解決に向け、まい進する

ロシアから世界のプラスチック問題を解決する

 2019年6月に開催された20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)の議題の中心にもなった「海洋プラスチックごみ問題」。同年7月にはユニクロなど大手衣料品会社などがプラスチックの買い物袋を紙袋へ、コンビニエンスストアのセブン―イレブン・ジャパンはおにぎり包装をバイオマスプラスチック素材に切り替えるなど、プラスチックの使用に対する削減意識が急速に高まっている。

 世界中を定住旅行(現地でローカルの家庭に滞在し、その文化や生活を体験する)していると、プラスチック使用規制(スーパーでレジ袋を購入など)は、以前から当たり前に行われている国のほうが多いし、人々の環境意識ももっと高いように思われる。18年に定住旅行したミクロネシアのパラオ共和国では、循環型社会を目指し、18年11月からPlastic Bag Reduction Actという法律が設置され、プラスチックバッグの輸入禁止がすでに始まっている。19年秋からはパラオ国内で本格的にプラスチックの使用が禁止になる予定だ。

 プラスチックを使用しないことが、企業のマーケティングにつながることもある。食品メーカーのダノンは、パッケージ素材をプラスチックから紙に切り替えている。環境への配慮はもちろんだが、海洋生物の死骸などから会社名の入ったプラスチックごみなどが出てくれば、イメージダウンにつながる恐れもあるからだろう。

 19年7月に滞在していたロシアでも、スーパーの袋は購入するのが当たり前。特に若者は環境意識が高く、プラスチック製品を使いたがらない人やプラスチックで包装されている商品を購入しない人が多い。とはいえロシア国内では、プラスチックに代替する包装製品を生産している会社はまだ少ない。

 そんな中、環境問題にソリューションを提供し、革新的な製品を生み出している会社がある。ロシアの首都モスクワの郊外にあるソルネチノゴルスクで、プラスチック製品をパルプモールド包装材へ代替するビジネスを行っているソエムズだ。ロシアではパルプモールドの95%が卵パッケージに使われており、残りの5%はカップやフードトレーに使われている。その5%の国内生産を担っているのが同社である。

ソエムズではIKEAが破棄した段ボールや緩衝材を買い取り、パルプモールド製品にして販売している
ソエムズではIKEAが破棄した段ボールや緩衝材を買い取り、パルプモールド製品にして販売している

 パルプモールドは段ボールや古紙を原料として作られる立体成型品で、使用後も再利用できるのが特徴。資源を有効活用できる素材で、プラスチックや発泡スチロール、段ボールに代わる包装材として注目されている。

 エコロジカルかつデザイン性の高いソエムズのパルプモールド製品は、世界的に好評を得ている。クライアントはロシア国内だけでなく、米国やヨーロッパ、アジアと幅広い。ソエムズCEO(最高経営責任者)のデニス・コンドラチェフ氏は、過去にドイツで分別収集やリサイクル工場について学び、2008年にソエムズを立ち上げた。「私の目標は地球の環境問題の解決に向けイノベーションを起こす、第二のスティーブ・ジョブズになることだ」と、意欲を燃やす。

ソエムズCEOのデニス・コンドラチェフ氏と筆者
ソエムズCEOのデニス・コンドラチェフ氏と筆者