国を挙げてIT産業に注力しているロシアのタタールスタン共和国。前回に続き、“IT都市”として発展し続けている同国内にある科学特区「イノポリス」の内部へさらに足を踏み入れていく。

イノポリスの街や建物の設計は、シンガポール人建築家のリュー・タイ・キブロン氏が手掛けた
イノポリスの街や建物の設計は、シンガポール人建築家のリュー・タイ・キブロン氏が手掛けた

授業は英語、IT人材を輩出する「イノポリス大学」

 タタールスタンはロシア連邦の中にある共和国の1つ。その首都カザンはロシア第3の都市で、ロシア最大のイスラム教スンニ派を信仰するタタール民族が暮らす土地である。イノポリスはカザン郊外に位置する、ソ連崩壊以降に作られた新しい街だ。2012年に建設が始まり、15年にオープンし、現在3500人が暮らしている(関連記事「大統領が仕掛けたIT都市構想 タタールスタン共和国で今何が?」)。

イノポリスは2024年までに人口5万人を目指している
イノポリスは2024年までに人口5万人を目指している

 AI事業やブロックチェーン、インターネット大手のヤンデックスがテスト中の無人タクシーなど、革新的な動きが目立つイノポリス。まずは次世代の有能なエンジニアたちを生み出す教育現場であり、この都市を語る上で欠かせないイノポリス大学から見ていこう。

 イノポリス大学(イノポリス特別経済区配置イノベーション情報技術大学)では、現在約600人の生徒がITを中心に学んでいる。教壇に立つ81人の講師は、世界トップ100のIT系大学で学んだ経験を持っている。大学は有料だが、優秀な成績で入学すれば学費は全て免除となる。奨学金で学費を免除された学生は卒業後、イノポリス市内で1年以上の労働義務がある。

イノポリス大学内。寮、レストラン、本のない図書館(デジタルブック)など施設も充実
イノポリス大学内。寮、レストラン、本のない図書館(デジタルブック)など施設も充実

 授業はソフトウエアエンジニアリング、ロボティクス、デジタルグラフィックなどIT産業に必要な科目を取り入れている他、時代の変化に対応するためイノポリスにあるIT企業と密に連携し、世の中の傾向や企業ニーズに応じて科目が追加される。

 ロシアの歴史や哲学など一部を除き、授業は全て英語で行われている。私がこれまでロシアに滞在した経験からすると、この国では英語を話せる人が欧州諸国に比べて極端に少ないように感じる。しかし、IT業界では最先端情報はほとんど英語で発信されているため、英語ができなければキャッチアップが大幅に遅れてしまう。イノポリスでは働く人も生徒も、ほぼネーティブ並みに英語ができる。

 ロシアではITインフラを整えるのに年間5万人の新たなエンジニアが必要で、ロシアのIT経済を支えるのに50万人も不足しているといわれている。現在、同国のエンジニアの58%は国外で働く意思があり、常にエンジニア不足に悩まされているという。IT人材を輩出するイノポリス大学は、こうしたロシアのIT産業において重要な役割を担っている。

 イノポリス大学に通うミーシャさん(2年生)とファラットさん(3年生)は、奨学金を得て勉強している優等生だ。彼らはイノポリス大学に通うメリットをこう語ってくれた。

 「企業と非常に近い距離で勉強ができたり、一緒にプロジェクトを行ったりするので、実際に仕事の現場を体験できます。またそこで生まれた疑問を勉強に反映できるので、非常に効率的です。大学校内や生活で困ったことや聞きたいことがあれば、メッセージングアプリ(Telegram)で情報共有すれば一瞬で解決できます。ここではほとんど政治の話をしないこともいいことだと思います。軍や政府のためではなく、国民のために仕事を生み出していることを実感できるからです」

イノポリス大学に通う学生たち。右からカティア・プロツコさん、ファラットさん、ミーシャさん、筆者
イノポリス大学に通う学生たち。右からカティア・プロツコさん、ファラットさん、ミーシャさん、筆者