こんにちは。プロ雀士の高橋慧です。第3回はなんと、今を時めくインフルエンサー、ゆうこすさんに取材しました! フワっとしたかわいらしいビジュアルから想像していたよりもずっと、芯の強さを感じるかっこいい女性でした。そんなゆうこすさんに、たくさんのアドバイスを頂いてきました!

大切なのは“伝えたい”という熱量

 現在、ゆうこすさんが経営する個人事務所には、インフルエンサーを目指す方々がたくさんいらっしゃるそうなのですが、面談で深掘りしていくと「インフルエンサーになりたいけれど、本当に伝えたいことが分からない」という人がとても多いのだそうです。

 やりたいことが明確でないと、それが見ている人にも伝わってしまう、その人の本気度や熱量は、画面を通して伝わってしまうんですね。

 私の場合は、「麻雀の楽しさをもっと伝えていきたい」「世界中の猫を幸せにしたい」など、やりたいことは明確。やりたいことが決まっていることはすごく良いことですよ、と言ってもらえたのですが……フォロワーさん、全然増えません(笑)。

 実際問題、自認している至らぬ点が多々あり……。例えば、更新頻度が下がっていたり、麻雀中に面白い手牌になったら、「ここであなたなら何を切る?」とみなさんに聞いてみるための動画や写真を撮っておこうと思っているのに、ついついその場に夢中で撮り忘れてしまったり……。持ち前のズボラさも相まって、熱量、足りてないですよね。分かっております……(涙)。

フォローしやすいアカウントかどうか

 さらに、もともと私が備忘録としてごはんやら何やらをUPしていたアカウント(@katie3939)を見ていただいたのですが、ゆうこすさんいわく「オフィシャル感がないですね」とのこと。

 食事、友達、旅、麻雀……など、ごちゃまぜにUPしていたために、パッと見た印象で、「慧さんとリアルなお友達の人しかフォローしちゃいけないのかな?」と感じられてしまうそうです。こういった面からも、アカウントは注力したいものごとに分けたほうが良い、というアドバイスの下、新たに開設したのが、麻雀プロとしてのアカウント(@kei_jpml)というわけです。0人からスタートして、3カ月で500人ちょっと。1万人なんて、夢のまた夢なのですが、熱量を上げて鋭意更新していかなければなりませんね。

インスタ映えよりタグ映え!?

 ゆうこすさんもやはりハッシュタグの重要性については、たくさんお話しされていて、いわゆる“インスタ映え”の目を引く投稿よりも、投稿とタグの整合性が取れていること、つまり“タグ映え”がもっと大切と教えていただきました。

 このアドバイスを基に、実はもうひとつ、猫ばかり投稿している猫専用アカウント(@pique__k)のほうで、終戦記念日に下の写真を投稿しました。

 平和な世界でありますように、というような内容と共に「#終戦記念日」「#猫は世界平和」というハッシュタグを付けて投稿したところ…。

 猫専用アカウントのほうはフォロワーさんが現在3500人くらいなのですが、それに対する「いいね!」の数が969とものすごく高いので、インサイトを見ると、リーチした4806アカウントに対して約20%の人が「いいね!」をしてくれたということが分かります。このエンゲージメントの高さは、おそらく、私の腕にすっぽり収まり警戒心ゼロで幸せそうに眠るうちの猫の写真と、世界平和、終戦記念日……といったワードと整合性が取れ、“タグ映え”していた結果なのではないかと思っています。

 取材の度にいろいろと勉強になることばかりなのですが、爆発的にフォロワーを増やす、というのはとても難しいということがよく分かります。ゆうこすさんも含め、インフルエンサーの方々のキラキラとした投稿の裏には、日々のものすごい情熱と努力があるんだなぁ、と感心するばかり。ハッ、人ごとではなく、私も頑張らなければなりません!! フォローよろしくお願いします!

 次回はゆうこす編、後編です! お楽しみに。

目指せフォロワー数1万人

目指せフォロワー数1万人! 高橋慧インスタグラムアカウント
@kei_jpml… 今回の企画に当たり新設した麻雀プロとしてのアカウント。麻雀のあれこれをアップしていきます。みなさまの優しいフォローをお願いしますm(_ _)m @katie3939… もともとのプライベートアカウント。おいしいごはんの記録がメイン。フォローはお任せします。 @pique__k… 愛猫2匹のアカウント。私よりもフォロワー多いです(笑)。 可愛いは正義。