Webサイトやアプリを最適化するために使われる手法。画像やテキスト、デザイン、レイアウト、導線などが異なる複数のパターンを入れ替えて表示させ、どのパターンが効果的かをテストする。バナー広告やランディングページなどのクリエイティブを複数パターン用意し、実際の効果を比較して判断する。

(出典:日本インタラクティブ広告協会のインターネット広告基礎用語集2019年度版より)