Application Programming Interfaceの略。アプリケーション間の相互のやり取りをする際に必要となる接続仕様のこと。アプリケーション同士のつなぎ役として機能し、アプリベンダーがAPIを公開することで他サービスとスムーズな連携を図ることができる。
例として、SNSなどのWebサービスの機能を利用するために自社サイトに組み込むAPIや、媒体の広告管理機能を直接利用するために広告管理プラットフォームに組み込むAPIなどが挙げられる。

(出典:日本インタラクティブ広告協会のインターネット広告基礎用語集2019年度版より)