Augmented Realityの略。拡張現実。現実の環境から得られる知覚情報に、人工の情報を付加して新たなインタラクションと体験を生み出す技術。ディスプレイに映し出された被写体に関連する文字や画像、映像などをリアルタイムに重ね合わせて表示し、情報提供するサービスなどがある。

(出典:日本インタラクティブ広告協会のインターネット広告基礎用語集2019年度版より)