全5回
ブランドや商品を強くするには、商品そのものの魅力に加えて、優れたネーミングやキャッチフレーズが必要だ。商品が持つ魅力や世界観を効果的に打ち出すことができれば、消費者の心に強く刺さる。それを実現するのがデザインの力だ。ネーミングデザインでブランド力を向上させ、売り上げ増を実現する──そんな手法を事例を基に考える。
  • 第1回
  • 2019.07.22
「珍味」に若い女性が行列? 新市場を開拓した面白ネーミング
ネーミングを軸にブランド力を向上させ、売り上げ増を実現する──そんな手法を事例を基に考える特集の第1回。“おじさんの酒の肴”のイメージをガラリと変え、渋谷のヒカリエで大ヒットを飛ばす珍味専門店「ホタルノヒカリ」。珍味の常識を覆す摩訶不思議なネーミングが女性客を魅了した。
  • 第2回
  • 2019.07.23
資生堂の人気コスメ 商品名は魔法の呪文、2テーマ40案から厳選
個性的なネーミングを武器にブランド力を向上させ、売り上げ増を実現する──そんな手法を事例を基に考える特集の第2回。資生堂のコスメブランド「マジョリカ マジョルカ」の商品名は、魔法の呪文のような独特なもの。若い女性のセンスにフィットするネーミングは、どのように決まるのか。
  • 第3回
  • 2019.07.24
「ガリガリ君より売れてない」 自虐ネタで売り上げ伸ばすアイス
個性的なネーミングを武器にブランド力を向上させ、売り上げ増を実現する──そんな手法を事例を基に考える特集の第3回。赤城乳業のアイス「ガツン、とみかん」は、20年の歴史を持つロングセラー。それが再び売り上げを伸ばしたプロモーションは、自虐的なキャッチフレーズが鍵だった。
  • 第4回
  • 2019.07.25
恋する豚はおいしい? 福祉施設のレストランに行列2時間のナゾ
魅力的なネーミングでブランド力を向上させ、売り上げ増を実現する──そんな手法を事例を基に考える特集の第4回。「恋する豚研究所」というメルヘンチックなレストランは、週末ともなると2時間待ちの行列。千葉県内陸部の辺鄙な場所で人気スポットになった背景には、デザインの力があった。
  • 第5回
  • 2019.07.26
高級食パン「考えた人すごいわ」の“名付け親”に学ぶ発想術
ジャパン ベーカリー マーケティング(横浜市)社長でベーカリープロデューサーの岸本拓也氏に、ネーミングの極意について聞いた。店舗の立地や商圏の特性からコンセプトやターゲットを明確にして、ネーミングとして分かりやすく表現。「高級食パン」分野でヒットを飛ばす。

関連特集・連載

2020年のヒットをつくる人
全5回
消費増税、主要小売企業はこう挑む
全5回
Japan Expo、コンテンツ海外展開の今
本田哲也のパーセプションチェンジ
全5回