※日経トレンディ 2019年6月号の記事を再構成

埼玉県への“ディスり”を笑いに変えながら、県民の共感を得ることに成功した映画『翔んで埼玉』。当事者である埼玉県民に受け入れられるには、ディスりを絶妙なさじ加減で成立させる必要があった。この難問に対し、プロデューサーの若松央樹氏が出した答えは、徹底的なディティールの追求だった。

『翔んで埼玉』プロデューサー
若松央樹

1968年生まれ。早稲田大学卒業後、日本テレビを経てフジテレビ入社。2018年に現職である編成局映画事業センター映画制作部 制作担当部長に就任。過去手掛けた作品に、「電車男」「のだめカンタービレ」「風のガーデン」「最後から二番目の恋」『帝一の國』など

『面白い題材は「リアリティー」があって最大限生きる
マスを狙う精神が、超ローカル映画を全国区にした』

 海も無い、空港も無い、他県民がうらやむ観光名所も無い――。埼玉県民が抱く劣等感を徹底的に突き、笑いに変えた異色映画『翔んで埼玉』。2019年2月22日に封切りされるや否や口コミが広がり、4月中旬には興行収入33億円突破する快挙を成し遂げた。

 原作は、1982年に発表された摩耶峰央による未完の同名漫画。2015年に復刊され、60万部以上を売り上げたヒット作だ。これを、『のだめカンタービレ』でもコンビを組んだ、武内英樹監督と若松央樹プロデューサーが映画化した。

 「埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!」「埼玉狩りだ!!」という強烈なセリフとともに、盛大な「埼玉ディス」が行われる。東京都民であることが最高のステータスとされる世界で、埼玉県民は「通行手形」が無いと東京都に入ることすらできない。それを破った県民は特殊部隊「SAT(Saitama Attack Team)」に捕獲される。学校でも、埼玉出身の生徒はボロ小屋に追いやられるなど散々だ。

 千葉県民も埼玉と深い因縁を持つ存在として描かれ、群馬はそれよりもさらに辺境。神奈川は埼玉より上だが東京にこびるイヤなヤツ。都内でも、池袋は「埼玉の植民地」と揶揄(やゆ)されるというありさまだ。

 これが受け入れられるのは、ぶっ飛んだ世界観があるからだ。『ベルサイユのばら』を彷彿(ほうふつ)させる豪華絢爛な世界のバトルは、さすがに現実とは思えない。映画で埼玉県民が窮地に陥るたびに出てくる不思議なポーズ「埼玉ポーズ」は、格好のSNSネタになり、口コミで広がっていった。

 結果、興行収入のうち埼玉県での上映が占める割合は26.8%。一般的には埼玉県が占める割合は6%程度というから、驚異的な数字だ。

40代のGACKTが高校生を演じた。二階堂ふみは初の男性役
40代のGACKTが高校生を演じた。二階堂ふみは初の男性役
白鵬堂学院では、「都会指数」によってクラス分けされ、赤坂や青山在住の都民が最上級のA組
白鵬堂学院では、「都会指数」によってクラス分けされ、赤坂や青山在住の都民が最上級のA組
まるで「ベルバラ」? 往年の少女漫画のごとくド派手な世界観でディスりが笑いに変わる
まるで「ベルバラ」? 往年の少女漫画のごとくド派手な世界観でディスりが笑いに変わる
不思議な「埼玉ポーズ」は、『なぜ埼玉県民だけがディスられても平気なのか?』(徳間書店)の著者である広告クリエーティブ・ディレクターの鷺谷政明氏が考案した。埼玉県民の鳥・シラコバトの羽と埼玉の“玉”を表現
不思議な「埼玉ポーズ」は、『なぜ埼玉県民だけがディスられても平気なのか?』(徳間書店)の著者である広告クリエーティブ・ディレクターの鷺谷政明氏が考案した。埼玉県民の鳥・シラコバトの羽と埼玉の“玉”を表現

ぎりぎりの「ディスり」が生命線

「とにかく、埼玉県の方に嫌われたらおしまいだった」

 翔んで埼玉のヒットを振り返り、プロデューサーの若松央樹氏が漏らした一言だ。これまで『電車男』でヲタク、のだめカンタービレでクラシックを扱い、モチーフの尖った作品を手掛けてきた彼だからこそ、その言葉には実感がこもっていた。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>