※日経トレンディ 2019年7月号の記事を再構成

投資額は米国の僅か5分の1──。なぜ日本では投資がなかなか根付かないのか。USJのV字回復の立役者で、現在は企業成長会社「刀」を率いる森岡毅氏と、長期投資の優位性を提唱する農林中金バリューインベストメンツの最高投資責任者・奥野一成氏が意気投合。短期集中連載の第1回は長期投資に値する「強い企業」の共通点を探る。

(左)刀 代表取締役CEO
森岡 毅

(右)農林中金バリューインベストメンツ 最高投資責任者
奥野一成

 日本人は、個人による投資に消極的といわれて久しい。そんな中、長期投資を前提とした「農林中金〈パートナーズ〉米国株式長期厳選ファンド」への注目度が高まっている。銘柄選びの助言をするのは、日本の金融関連会社では、長期投資の優位性を提唱する数少ない存在である、農林中金バリューインベストメンツ(NVIC)。同社の最高投資責任者・奥野一成氏と、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のV字回復の立役者で、現在は企業成長会社「刀」を率いる森岡毅氏が意気投合。日本人の投資マインドに火を付け、日本経済を活性化させる秘策を語り尽くした。

森岡 毅氏(以下、森岡) 私はマーケターとして、日本社会の諸問題と向き合ってきました。日本経済を停滞させている原因の一つが、よくいわれることですが、投資マインドの低さです。家計金融資産の内訳を見ると、現預金の比率が5割を超えるのに、投資の割合が異様に低い。

奥野一成氏(以下、奥野) そうですね。統計の取り方にもよりますが、米国では個人資産の50%近くが投資に回っています。EU諸国で約20~30%でしょうか。それに比べて、日本は11%ほどにすぎない。サミットのメンバー国の中でも、日本は極端に低いといえます。

注)18年3月時点。日銀資料などを基に作成
注)18年3月時点。日銀資料などを基に作成

森岡 投資にお金が回らない国だから、新しい産業も生まれにくい構造になっていますよね。そんな折、共通の知人を介して知り合ったのが、日本人に長期投資の重要性を説いている奥野さんでした。日本の貧弱な投資構造に対して、真っ向から挑戦ののろしを上げているように見受けました。私も常々、日本を元気にするためには、投資や金融の在り方を変えなければいけないと考えていました。そこでぜひ一度、奥野さんと意見を交わさせていただきたいと思っていたのです。

森岡 毅氏
森岡 毅氏
「刀」の代表取締役CEO。1972年生まれ。96年神戸大学経営学部卒、P&G入社。ウエラジャパン副代表などを経て2010年、ユー・エス・ジェイ入社。窮地にあったUSJをV字回復させる。17年に退社し、マーケティング精鋭集団「刀」を設立

奥野 長期投資は、別に新しい概念では全然ないんですね。日本でやっている人が少なかったというだけで。特に私たちのような、個人の資金を預かる機関投資家で、長期投資のみに絞っているところは他に無かった。日本では主に、株というものは、安くなったら買って、高くなったら売る、要は売買でもうけるものだと捉えられてきましたから。でも本当にいい会社の株なら、売らなくてもいい、いや、むしろ「売らない方がいい」というのが私の考え方です。

森岡 投資に回すべき金が個人預金に入ると、どうしても、そこで経済の流れが滞ってしまいます。

奥野 先ほどおっしゃっていた、日本の家計金融資産の総額は約1800兆円にもなりますね。その半分以上が銀行預金に入って、投資に回らない。これは世界にとっても大きな機会損失です。お金を持ったら、その金でビジネスの世界を良くするのが、先進国に生きる人間の義務だと思うんです。

奥野一成氏
奥野一成氏
農林中金バリューインベストメンツ常務兼最高投資責任者。1970年生まれ。92年京都大学法学部卒、日本長期信用銀行入行。長銀証券、UBS証券を経て2003年に農林中央金庫入庫。14年から現職。日本における「長期厳選投資」の第一人者

森岡 その発想が、農林中金(農林中央金庫)という、どちらかと言えば、保守的と思われているところにいる方から出てきたことが興味深いです。奥野さんが行っている投資ファンドは、勝つべくして勝つ銘柄を長期的に所有して、市場構造で成果を上げていく戦略ですよね。この40年、バブルの崩壊やリーマン・ショックなどがありましたが、株価は年平均7~8%で伸びている。つまり世界経済は確実に大きくなってきたのです。その構造に乗って、確実に勝ちを収めていく。マーケターの目からも、とても斬新に見えました。今の日本の金融商品って、消費者目線で見ると、分かりにくいものが多い。説明が長く、難しい。分からないから、損をさせられるような気がして、結局は手を出しにくい。そういう不安を抱いている人たちに対して、奥野さんたちは頼るべき構造を提示し、資金を預けるに値する金融商品を開発された。それが私の最初の印象でした。