JリーグビジネスNo.1決定戦
全12回

JリーグビジネスNo.1決定戦

イニエスタにビジャ、トーレスと世界的スター選手が相次いで来日。ピッチの華やかさが一気に増した、いま必見のJリーグをビジネス面から徹底解剖。浦和、鹿島、横浜FMら強豪クラブが仕掛ける最新戦略に迫る。また、集客力や売上高など8つのポイントからJ1、J2、J3、全55クラブをランキング化。ビッグクラブの”強いワケ”から、新たな強豪クラブ候補も探った。Jリーグが各クラブ共通で仕掛ける戦略も紹介する。
  • Jリーグ55クラブのビジネス力をランキング 2位は鹿島、1位は?
    第1回
    2019.06.17
    Jリーグ55クラブのビジネス力をランキング 2位は鹿島、1位は?
    Jリーグが盛り上がっている。強豪クラブはなぜ“強い”のか、本連載ではビジネス面から徹底解剖。集客力や売上高など8つのポイントからJ1、J2、J3、全55クラブのビジネスマネジメント力をランキング化した。浦和、鹿島、横浜FM……ビッグクラブが“強い”ワケを、各クラブの最新戦略からひもとく。
  • 「ビジネス力」1位の浦和レッズ “怖いファン”を逆手に席割改革
    第2回
    2019.06.18
    「ビジネス力」1位の浦和レッズ “怖いファン”を逆手に席割改革
    熱狂的なファンがスタジアムを真っ赤に染める──。浦和レッズを象徴するのが、分厚いファン層。入場者数は13年連続で1位を記録し、本連載のビジネスマネジメント力ランキングでも1位に輝いた。そんなレッズが新規ファンの獲得を含め、集客力アップの策として打ち出したのが“二兎を追う”席割改革だ。“怖いファン”を逆手に取った戦略とは。
  • 鹿島は「ビジネス力」で2位に 地方で70億円超を稼ぐワケ
    第3回
    2019.06.19
    鹿島は「ビジネス力」で2位に 地方で70億円超を稼ぐワケ
    J1優勝8回、史上初の3連覇、前人未到の20冠……常勝軍団の鹿島アントラーズはビジネスマネジメント力ランキングで2位に入った。スタジアムの立地が圧倒的に悪いにもかかわらず、18年度の売上高は70億円超え。その裏には、一歩先んじた戦略があった。4本目の柱として打ち立てた「スタジアムビジネス」の中身を探る。
  • 横浜FMは「ビジネス力」3位 “本拠地併用問題”を変動制料金で解決
    第4回
    2019.06.20
    横浜FMは「ビジネス力」3位 “本拠地併用問題”を変動制料金で解決
    ビジネスマネジメントランキングで3位に入った横浜F・マリノス。J1で戦い続け、2003、04年には連覇も成し遂げた。しかし、7万人超えの巨大と最小クラス、2つのスタジアムを併用し、集客に悩みを抱える。そこで導入したのが、売れ行きに応じて料金を変動させる「ダイナミックプライシング」だった。
  • 「ビジネス力」4位の川崎フロンターレ 中村憲剛にインタビュー
    第5回
    2019.06.24
    「ビジネス力」4位の川崎フロンターレ 中村憲剛にインタビュー
    J1に定着しながらタイトルに恵まれなかった川崎フロンターレだが、2017、18年にはJ1連覇を達成。ビジネスマネジメントランキングでは4位に入る。その源泉には、9年連続1位を獲得している「地域貢献度」があった。
  • 「経営者」となった2人のW杯戦士 “野人”岡野とセレッソ森島
    第6回
    2019.06.25
    「経営者」となった2人のW杯戦士 “野人”岡野とセレッソ森島
    初のW杯出場を決めた「ジョホールバルの歓喜」で決勝点を叩きこんだ“野人”岡野雅行と、クラブ一筋を貫いた“ミスターセレッソ”森島寛晃。かつてのW杯戦士の2人は今、クラブのマネジメントに奔走中だ。なぜ経営者の道を歩むことになったのか。同級生同士がJリーグビジネスをとことん語り合った。
  • Jリーグ村井チェアマンの経営改革 デジタル戦略を重点の一つに
    第7回
    2019.06.26
    Jリーグ村井チェアマンの経営改革 デジタル戦略を重点の一つに
    5年前の2倍以上に事業規模が拡大しているJリーグ。5代目チェアマンの村井満氏は、2014年の就任直後から経営改革に着手したという。重点的に当たった改革の一つが、デジタル戦略だった。これまでの取り組みに加え、30年までにJ1収容率80%を目指すという展望を聞いた。
  • デジタル戦略、アジア展開…Jリーグ躍進を支える陰の立役者
    第8回
    2019.06.27
    デジタル戦略、アジア展開…Jリーグ躍進を支える陰の立役者
    Jリーグの隆盛を陰で支える、各クラブを横断した取り組みがある。「デジタル戦略」「映像コンテンツ」「アジア展開」──。3人のキーマンに、最新動向を聞いた。
  • 入場者数を増やす名古屋グランパス デジタルでファンを可視化
    第9回
    2019.07.01
    入場者数を増やす名古屋グランパス デジタルでファンを可視化
    2017年に一度はJ2に降格しながらも、入場者数を増やし続けている名古屋グランパス。その裏には、顧客IDの登録推進と、デジタル8割超というチケット販売、それを生かしたメルマガでの集客戦略があった。ビジネスマネジメント力ランキングでは、調査が降格時のタイミングだったため、J2で1位だった。
  • 業績急上昇のコンサドーレ札幌 起爆剤はタイのスター選手獲得
    第10回
    2019.07.02
    業績急上昇のコンサドーレ札幌 起爆剤はタイのスター選手獲得
    北海道コンサドーレ札幌がチーム成績と業績を伸ばしている。2017年以降チームはJ1に定着し、18年4位。18年度の売上高は、3年前に比べて約2.1倍にアップしている。経営面で劇的な成長をもたらしたのがアジア戦略。その起爆剤となったのは、タイのスター選手・チャナティップの獲得だった。
  • V・ファーレン長崎はジャパネット流で再建 新スタジアム構想も
    第11回
    2019.07.03
    V・ファーレン長崎はジャパネット流で再建 新スタジアム構想も
    2018年にJ1に昇格したものの、19年はJ2からの再スタートとなったV・ファーレン長崎。一方、17年からジャパネットホールディングスが親会社となり、経営状況は劇的に改善した。新社長の髙田明氏は、自ら広告塔となって営業活動やファンサービスに奔走。長崎駅から徒歩圏内に新スタジアムを建設する準備も進めている。
  • 喫茶店発の草の根クラブ・松本山雅FC スポンサーは600社以上
    第12回
    2019.07.04
    喫茶店発の草の根クラブ・松本山雅FC スポンサーは600社以上
    喫茶店に集まるサッカー好きが結成した団体が前身で、2012年にJ2初参戦した3年後にはJ1昇格──。スポンサーも地元企業が増え続け、現在は670社を数える。一つ一つは小口ながら、18年度の売上高は過去最高を記録し、9年連続で営業黒字を達成。集客に貢献する場外グルメには地元の店が協力する。

関連特集・連載

最後の成長市場 シニアの攻略法は新3K
最後の成長市場 シニアの攻略法は新3K
全5回
大予測2020-2021
大予測2020-2021
全7回
ランキングから探るブランド成功の鍵
本日更新
ランキングから探るブランド成功の鍵
都心へ発進 相鉄のブランド再構築
都心へ発進 相鉄のブランド再構築
全3回