東日本旅客鉄道(JR東日本)と提携し、2020年春からグループの決済機能を統合したアプリ「楽天ペイ」の中で「Suica」を利用できるようにする楽天ペイメント(東京・世田谷)。小山幸宏ペイメント戦略室室長に、今後の普及のための基本的な考え方と手立てを聞いた。

楽天ペイメント ペイメント戦略室室長 小山幸宏氏
楽天ペイメント ペイメント戦略室室長 小山幸宏氏

まずは2019年6月5日に発表になったJR東日本との提携について。楽天ペイアプリの中で、JR東日本が運営・管理する「Suica」を発行したり、チャージしたりできる。ユーザーは、楽天ペイアプリをインストールしたスマートフォンをかざせば、Suicaに対応した鉄道やバスに乗れるし、買い物もできる。チャージしたら楽天スーパーポイントも付く。実現するのは2020年春の予定とだいぶ先の話だが、楽天ユーザーで、かつJRを日ごろ利用する人からすれば、楽天ペイアプリをインストールして利用する大きな動機になり得る。

その通りです。私たちは楽天ペイアプリを通じて、楽天会員が日常生活のさまざまなシーンで利用できる便利な支払いサービスを提供していきたいと考えています。電子マネーが適しているシーンでは楽天Edyなどで支払い、QRコード決済が適しているシーンでは楽天ペイで支払ってもらえばよい、というイメージです。

2019年6月5日の記者会見で楽天ペイメントの中村晃一社長が提携の狙いを語った
2019年6月5日の記者会見で楽天ペイメントの中村晃一社長が提携の狙いを語った

 これまで「食べる」「買う」、(金融資産を)「貯める」「殖やす」といったシーンについては、ある程度、楽天グループの中で用意できました。しかし、交通機関を使って「通勤・通学する」というシーンでの便利な支払いサービスは、楽天グループでは提供できません。今回、JR東日本と提携することで、一般的なユーザーが日常生活で絶対に必要なシーンを、カバーすることができました。楽天ペイアプリを、ユーザーの生活に密着したアプリに仕立てるうえで、大きな一歩だったと思っています。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>