全6回
ファッション・アパレル系から自動車や各種の移動サービスまで。企業や個人が持つモノやサービスをネットを介してシェアすることで生まれた「シェアリングエコノミー(経済圏)」。参入するプレイヤーは引きも切らず、市場は今も拡大を続ける。そこでシェアリングサービスを手がける注目企業に取材し、そのビジネスモデルとデータ活用によりいかにして利益を生み出しているのかなどを図解形式で提示。シェアリングサービス成功の法則を探る。
  • 第1回
  • 2019.06.10
図解1.8兆円シェアリング市場 腕時計は「レンタルで始める」
企業や個人間で商品を共有するシェアリングサービスの利用者が増えている。クルマ、ファッション、スペースと対象物は広がり、2018年度の市場規模は過去最高に。腕時計を扱う「KARITOKE」は登録会員数が1万7000人を突破し、中古時計販売店との連携や、時計メーカーへのデータの提供にも踏み出した。
  • 第2回
  • 2019.06.11
余り部屋で収益を生む 会議室シェアリングのスペイシー
企業や個人が持つ“遊休”スペースを登録してもらい、会議室や臨時オフィスとして使いたい人に時間貸しする「Spacee(スペイシー)」。2013年12月に運営を開始し、現在は約5200物件が登録、約20万人の会員を抱えるサービスに成長したが、「まだまだ需要に供給が追い付いていない」という。
  • 第3回
  • 2019.06.12
BMWやレクサスに無料で乗れる? DeNA「0円マイカー」
企業や個人間で商品を共有するシェアリングサービスの利用者が増えている。クルマ、ファッション、スペースと対象は広がり、2018年度の市場規模は過去最高に。シェアリングサービスの運営者に協力することで、高級車に実質無料で乗れるサービスも間もなく登場する。
  • 第4回
  • 2019.06.13
傘シェアリングのすごい可能性 JR東やローソンも導入
企業や個人間で商品を共有するシェアリングサービスの利用者が増えている。車、ファッション、スペースと対象は広がり、2018年度の市場規模は過去最高に。シェアリングは傘についても注目されていて、低コストでインフラビジネスに参入できることを示した。
  • 第5回
  • 2019.06.14
モバイルバッテリー貸し出しが日本で急成長 ビジネスモデルは?
企業や個人間で商品を共有するシェアリングサービスの利用者が増えている。車、ファッション、スペースと対象は広がり、2018年度の市場規模は過去最高に。現代人が抱えるスマホの電池切れへの恐怖が、モバイルバッテリーのシェアを後押しする。依存度が高い商材を見つければ、インフラ化が狙える好例だ。
  • 第6回
  • 2019.06.17
吉野家+軒先 異色のタッグが飲食店開業を応援 
企業や個人間で商品を共有するシェアリングサービスの利用者が増えている。車、ファッション、スペースと対象は広がり、2018年度の市場規模は過去最高に。飲食店の空き時間をシェアリングする事業では、その敷居の低さでユニークな店が次々と生まれ、まるで「新規事業の実験場」のようだ。そこにビジネスチャンスが眠っている。

関連特集・連載

日経クロストレンドFORUM 2019
データ売買 最前線
全5回
元楽 EC支えるすご腕の楽天OBたち
全6回
5Gの胎動~未来を変える新ビジネス