会社の不祥事や様々な危機に広報として備えておくのは当然ですが、何でもかんでも「謝罪」で済ませてしまうのも会社にとってマイナスです。そうならないためには、判断がブレないような「基準づくり」が大切。そこで考えたいのが、不祥事に伴う「失敗コスト」です。

広報としてこういう事態だけは絶対に避けたいが…… ※画像はイメージ(画像提供:metamorworks/Shutterstock.com)
広報としてこういう事態だけは絶対に避けたいが…… ※画像はイメージ(画像提供:metamorworks/Shutterstock.com)

謝罪会見の練習って必要なの?

 会社で不祥事発生、すわ謝罪会見! ――と思ってしまうのは、我々がテレビやネットニュースで頻繁に「謝罪会見」を見過ぎているせいではないでしょうか。あるいは、危機対応に関する本には、高級腕時計はするなとか、質疑応答はこうしろ、会場はここのホテルを使えなど、こと細かに謝罪会見のやり方が書かれているので、ついそのガイドに沿って会見の準備をしたくなってしまうからかもしれません。

 しかしこれは、例えば朝のゴミ出しで夫婦げんかをしたときに、いきなり離婚裁判のシミュレーションをし始めるようなものです。一足飛びにそうなる前に、事態を収束させるオプションはいくらでもあります。

 実際の広報の前線に立っていると、実に多くの「危機未満」の事案に遭遇します。謝罪会見で社長にミッキーマウス柄のネクタイをさせない準備ももちろん大事ですが、こうした「危機未満」の状況を冷静に対処すること、要は初期消火を行うノウハウを蓄積することがより現実的でしょう。今回は広報の実務ガイドとして読んでいただくのはもちろんなのですが、経営幹部の方が危機対応の実際を理解する上での参考にしていただければと思います。

 私はIT関連企業数社で広報を担当して、ハードウエアを扱う企業にも在籍していました。そこで最もわかりやすい製品不良での危機対応について、私の経験を一般化してお話しします。

 残念ながら工業製品である以上、どんなメーカーでも不良品の発生を完全にゼロにはできません。ここで冷静にならなければいけないのは、「単なる製品不良」と「危機対応すべき製品不良」の切り分けです。その基準は「傾向性があるのか」と「安全性の問題はあるか」の2点です。

 傾向性があり、かなりの割合で不良品が発生するようではそもそも信用問題になりますから、これは広報発表などを考えるべきです。また、数こそ少ないけれども使用にあたって危険性があり、それを使っている人が特定できないようであれば、これも広報発表をすべきでしょう。

 仮に致命的な不良でなかったとしても、いかにもユーザーの声をないがしろにしているような態度に見られてはいけません。特にSNSなどで既に炎上している場合、上記の傾向性や安全性とは別に、説明責任を求められている、という軸でも判断が必要となるでしょう。

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
16
この記事をいいね!する

『マスコミ対策の舞台裏 役員からの電話で起こされた朝』

『マスコミ対策の舞台裏 役員からの電話で起こされた朝』
2021年12月28日発行
 連載「風雲! 広報の日常と非日常」が本になりました。これまで3年半以上に及ぶ、約150本のコラムの中から、「マスコミ対策」に焦点を絞って再編集。企業や個人までも手軽に情報発信できるSNSがもてはやされる今日ですが、“バズった”記事の出どころをたどると、マスコミの記事や番組であることが少なくありません。だからこそ、企業は「情報の源流」でもあるメディアへの対策を十分に練り、正しい情報を伝え、記事や番組として発信してもらう重要性がこれまで以上に高まっていると言えます。本書は連載でおなじみの現役広報パーソンである二人の著者(鈴木正義氏、遠藤眞代氏)が、20年以上にわたる記者や編集者との生々しい駆け引き、社内でのあつれき、成功談・失敗談から導き出された「記事や番組に採用されるためのテクニック」「メディアとの関係構築法」「危機感管理術」などを、当時の現場の様子や本音を交えながらリアルに書きつづっています。読み物としても楽しめる中身の濃い1冊に仕上がっています。

第1章 広報しか知らないマスコミの素顔
第2章 取材対応こそ危機管理の要
第3章 経営者が知っておくべきマスコミ対応の落とし穴
第4章 掲載を勝ち取るマスコミへのアプローチ
第5章 天国と地獄が交錯するプレス発表会
第6章 今だから言える企業広報の裏話
全83エピソード(350ページ)
Amazonで購入する