自分たちの「思い」をだらだらと書き連ねた長いプレスリリースは読むに堪えません。この段階で、記事化へのハードルは上がってしまいます。文章をもっと単純化し、必要な情報に絞れば相手に伝わりやすくなります。その発想で大成功したのが「ももクロ」です。広報はその手法に学ぶべきです。

こうなると“おじさん”には見分けがつきません…… ※画像はイメージ(写真提供:StreetVJ/Shutterstock.com)
こうなると“おじさん”には見分けがつきません…… ※画像はイメージ(写真提供:StreetVJ/Shutterstock.com)

「アイドルおじさん問題」とは

 私の同級生に年齢よりも老けて見える男がいます。スーパー銭湯などに行くと周囲の本物のおじいちゃんたちと見分けがつかなくなり、極めて高いステルス性を発揮します。と、そんなことを書きたかったわけではなく、私もそれなりのおじさんであるということを言いたかったのです。いや、今嘘を書きました。筆者も“かなり”のおじさんであることを言いたかったのです。

 ある人が「おじさん」であるか否かの定義はいろいろあると思いますが、その1つに「アイドル歌手の顔が区別できなくなったらおじさん」という判定方法があります。遺憾ながら、私もアイドルの区別がつかなくなって久しい、そういう意味では筋金入りのおじさんです。……すみません、またしても「そういう意味では」などと逃げを打ってしまいました。私はあらゆる意味でおじさんであることをここに認めたいと思います。

 それはさておき、アイドルの個体識別がつかない段階からさらに“ステージ”が上がると、今度は「AKB48」や「乃木坂46」のような「地名+数字」で構成されたグループの区別がつかなくなってきます。

 長々と書きましたが、要はおじさんがアイドルを見分けられなくなると、推しのグッズを買ってもらったり、オンラインライブで投げ銭をしてもらったりといったアイドルビジネスにおいて、おじさん世代がターゲットから抜け落ち、得べかりし利益を逸失しかねません。これはエンターテインメント業界では「仕方のないことである」と長年諦められていた問題でした。

 しかし、そこに天才的な仕組みを持ち込んで大成功したグループが2008年に現れました。「ももクロ」こと「ももいろクローバー」(11年に現在の「ももいろクローバーZ」に改名)です。ももクロはそれまで困難とされてきたグループアイドルの個人識別に、色で区別するという戦隊ヒーロー物のノウハウを取り入れ、大成功を収めています。これにより「黄色、またかわいくなったね」「グリーンの脱退は痛かった」「ピンク大人っぽい」など、誰1人個人名を覚えることなく彼女たちを色で識別し、その動向を追うことができます。これはアイドル好きのおじさんにもたらされた「認知革命」と言っていいほどの、まさに天才的なシステムです。

 さて、色というのは、どうやら人間が何かを単純化して識別する際にとても役に立つ情報のようです。例えば信号機、地下鉄の路線図、映画に出てくる時限爆弾の電源コードなど、色は我々のコミュニケーションを大いに助けてくれています。これは広報、マーケティングを仕事としている我々としては放っておくわけにはいきません。

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
74
この記事をいいね!する

『マスコミ対策の舞台裏 役員からの電話で起こされた朝』

『マスコミ対策の舞台裏 役員からの電話で起こされた朝』
2021年12月28日発行
 連載「風雲! 広報の日常と非日常」が本になりました。これまで3年半以上に及ぶ、約150本のコラムの中から、「マスコミ対策」に焦点を絞って再編集。企業や個人までも手軽に情報発信できるSNSがもてはやされる今日ですが、“バズった”記事の出どころをたどると、マスコミの記事や番組であることが少なくありません。だからこそ、企業は「情報の源流」でもあるメディアへの対策を十分に練り、正しい情報を伝え、記事や番組として発信してもらう重要性がこれまで以上に高まっていると言えます。本書は連載でおなじみの現役広報パーソンである二人の著者(鈴木正義氏、遠藤眞代氏)が、20年以上にわたる記者や編集者との生々しい駆け引き、社内でのあつれき、成功談・失敗談から導き出された「記事や番組に採用されるためのテクニック」「メディアとの関係構築法」「危機感管理術」などを、当時の現場の様子や本音を交えながらリアルに書きつづっています。読み物としても楽しめる中身の濃い1冊に仕上がっています。

第1章 広報しか知らないマスコミの素顔
第2章 取材対応こそ危機管理の要
第3章 経営者が知っておくべきマスコミ対応の落とし穴
第4章 掲載を勝ち取るマスコミへのアプローチ
第5章 天国と地獄が交錯するプレス発表会
第6章 今だから言える企業広報の裏話
全83エピソード(350ページ)
Amazonで購入する