前回(第112回)に引き続き、メディア関係者に対して実施した「広報やPR担当者の『無しだなぁ』と感じた行動」というアンケートを基に、広報の仕事について考えます。今回は発表会や説明会などでの広報の振る舞いについてです。回答の中から、特に良くないと思われるものを3つ紹介します。

別に親しげなのが悪いとは言いませんが…… ※画像はイメージ(写真提供:NDAB Creativity/Shutterstock.com)
別に親しげなのが悪いとは言いませんが… ※画像はイメージ(写真提供:NDAB Creativity/Shutterstock.com)

 私は以前ソニーにいましたから、比較的多くの広報発表会を経験したほうですが、それでも出席数は3ケタに届きません。対してメディアの皆さんの中には、軽く4ケタに達する方がたくさんいらっしゃるでしょう。発表会の主催側、出席側と立場は違いますが、メディアの方々は広報の数十倍、数百倍もの経験値があると考えたほうがいいでしょう。そうなると、当然企業ごとに対応の差が見えてくるに違いありません。

 知り合いのメディア関係者に対して行った、広報・PR担当者に対してどのように考えているのかというアンケートで、今回紹介するコメントをいただいた3人の方も、相当な場数を踏んでいらっしゃいます。企業側としてはその声を真摯に受け止め、広報活動の参考にしていただきたいと思います。

出席者に対しては分け隔てなく接する

 最初はこちらのコメントから。

 「発表会に行った際、どこからかキャ~!という黄色い声が。何かと思ったら、有力メディアの編集者が会場に到着して、広報担当者が満面の笑顔で歓待しているところでした。実力のある媒体なので優遇されるのは仕方ないと思いますが、あからさまにキャ~!は夜のお店かい……とげんなりした覚えがあります(^^;;;」

 これを読んで、私自身も受付でオーバー過ぎるリアクションをした経験があるので反省しました。もちろん「キャ~!」はやり過ぎですが、久しぶりにお会いした方なら、その気持ちをお伝えしたほうがいいでしょう。極端に無味乾燥なあいさつで済ませる必要はありません。ここでの注意点は、相手によって対応の落差が大きかったことでしょう。同じ取材目的で発表会に参加しているわけですから、接し方にあからさまな違いがあれば、メディアの方々に不快な思いをさせてしまう恐れがあります。

 発表会での広報は、ホストとしての立ち居振る舞いを意識しなくてはなりません。招待しているメディアをゲストとして捉え、分け隔てなく対応する意識です。考えにくいですが、出席者全員に「キャ~!」と対応していれば「この会社はそういう広報スタイルなのだな」として受け止められたと思います。スタイルは十人十色ですから。

 また、発表会場で広報担当者が1人の記者と話し込み過ぎるのもよくありません。広報は一人ひとりと深く話すのではなく、ゲスト全員に目を配りながら、接し方に偏りがないかどうかを確認して回りましょう。話が長引きそうな場合は、商品担当者の所にお連れするのも手です。広報は長居し過ぎず、ゲスト全員のケアにいそしみたいものです。

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
19
この記事をいいね!する

『マスコミ対策の舞台裏 役員からの電話で起こされた朝』

『マスコミ対策の舞台裏 役員からの電話で起こされた朝』
2021年12月28日発行
 連載「風雲! 広報の日常と非日常」が本になりました。これまで3年半以上に及ぶ、約150本のコラムの中から、「マスコミ対策」に焦点を絞って再編集。企業や個人までも手軽に情報発信できるSNSがもてはやされる今日ですが、“バズった”記事の出どころをたどると、マスコミの記事や番組であることが少なくありません。だからこそ、企業は「情報の源流」でもあるメディアへの対策を十分に練り、正しい情報を伝え、記事や番組として発信してもらう重要性がこれまで以上に高まっていると言えます。本書は連載でおなじみの現役広報パーソンである二人の著者(鈴木正義氏、遠藤眞代氏)が、20年以上にわたる記者や編集者との生々しい駆け引き、社内でのあつれき、成功談・失敗談から導き出された「記事や番組に採用されるためのテクニック」「メディアとの関係構築法」「危機感管理術」などを、当時の現場の様子や本音を交えながらリアルに書きつづっています。読み物としても楽しめる中身の濃い1冊に仕上がっています。

第1章 広報しか知らないマスコミの素顔
第2章 取材対応こそ危機管理の要
第3章 経営者が知っておくべきマスコミ対応の落とし穴
第4章 掲載を勝ち取るマスコミへのアプローチ
第5章 天国と地獄が交錯するプレス発表会
第6章 今だから言える企業広報の裏話
全83エピソード(350ページ)
Amazonで購入する