同じ言葉でも漢字やカタカナ、英語の略語などによって印象が変わってきます。広報とサービス担当といった職種の違いによって、同一の言葉の受け取り方が微妙に異なるケースもあります。言葉の意味や解釈には広がりがあります。思い込みで判断するのは危険。広報なら特に気をつけたい部分です。

母と娘の「BTS推し」が気づかせてくれた言葉の大切さ ※画像はイメージ(写真:Kathy Hutchins/Shutterstock.com)
母と娘の「BTS推し」が気づかせてくれた言葉の大切さ ※画像はイメージ(写真:Kathy Hutchins/Shutterstock.com)

 「ママ、BTSの新曲、YouTubeの再生数が“バグってる”よ!」――。朝のあいさつを早々に済ませ、テレビに映したYouTubeで「推し(自分が特に応援している芸能人など)」の情報をチェックするのが我が家の日課です。しかし、今朝は「バグってる」という娘の言葉に、母は一瞬意味が分からず慌ててしまいました。

 テレビに近寄って再生回数をチェックしたところ、数千万回も再生されていました。数は多いのですが、大好きなBTSならあり得ます。この数字は「バグ」なのでしょうか?

 「ね、バグってるでしょ。すごいよね」とはしゃぐ娘。

 そこで母は「ああ、それは“バズってる”の間違いだ」と気づく。「バズ」は英語の「buzz」で、噂になるとか話題になるという意味です。元の意味を知らずに何となく「バズる」と使っている方も少なからずいるのではないでしょうか。ちなみに「バグ」の元は英語の「bug」で、パソコンやゲームがプログラムの不具合などで動かなくなった際に使いますよね。

 「いや、バグってないよ。ネットで検索してもバグってるって記事も載っていないから、大丈夫みたい。もしかして“バズってる”と言い間違いしていない? 意味が全然違うよ」と母。

 すると娘は「こないだ私の好きなYouTuberが、たくさん再生されたときに“バグってる”って言ってたから間違いないよ」と。かたくなに信じているようなので、母は返す言葉がなく、この場はいったん引き下がることにしました。

 この話は、似たような言葉の意味を誤って理解していたため起きた出来事で、日常生活の「あるある」でしょう。それは広報の仕事でもあり得ることで、同じ言葉でさえ立場によって意味合いが異なる場合があります。

「リリース」の認識違いで焦る広報

 ある広報担当者と新サービスの担当者との間で、以前このような会話のやり取りがありました。

広報担当者:「では、〇月〇日にリリースということでいいでしょうか?」

サービス担当者:「はい、そうです。〇月〇日にリリース予定です。広報の準備をよろしくお願い致します」

広報担当者:「承知しました。では、リリースに必要な情報を送っていただけますか。すぐ準備を始めたいので」

サービス担当者:「了解です。リリースの詳細情報をお送りします」

 ここまでの流れはスムーズで、違和感もありませんよね。しかしこの後、広報担当者はサービス担当者からあることを言われて、はっとするのです。

サービス担当者:「で、発表は『〇〇(サービス名)』をリリースした後がいいですかね、それとも前日、あるは当日がいいでしょうか?」

広報担当者:「え、ちょっと待ってください。私が思っていた『リリース』と違うみたいですが……。『リリース』ってどういう意味合いで使っていらっしゃいますか?」

 確認すると、広報担当者が考えている「リリース」とは、通常「プレスリリース」を指します。つまり報道向けの発表文です。ところが、このサービス担当者が使っていた「リリース」が意味していたのは、スマートフォンアプリの「配信開始」のこと。この新サービスが世の中に送り出されるタイミングを指していました。

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
7
この記事をいいね!する